GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース(FJQS/FQSS) >
  3. 2016年 >
  4. 本社移転に関するお知らせ

本社移転に関するお知らせ

2016年4月1日

当社は、本年5月9日(月)に福岡市早良区百道浜から福岡市博多区東比恵の「東比恵ビジネスセンターⅡ」に本社を移転します。
現在当社は、百道浜の「富士通九州R&Dセンター」と東比恵の「東比恵ビジネスセンターⅠ」に合計約1,000名が勤務しております。
今般 東比恵地区に社員の勤務場所を統合することで社内の業務効率化を高めるとともに、富士通株式会社九州支社を始めとするグループ企業との連携を強化し、お客様へのサービスレベルの向上を目指します。
また、当社の技術をオフィスに活用したIoTソリューション事例も紹介してまいります。
ぜひとも、倍旧のご愛顧を賜りますようよろしくお願い申しあげます。

新本社の概要

  1. 移転先
    • 住所
      〒812-0007
      福岡市博多区東比恵1丁目5番13号 東比恵ビジネスセンターⅡ
    • 代表電話
      092-260-6200
    • 構造
      鉄骨造 地上6階建
    • 貸主
      福岡地所株式会社
    • 施工
      株式会社フジタ
    • 賃借面積
      6,016.13㎡(1,819.87坪)
    • 交通
      福岡市営地下鉄空港線 東比恵駅 1番出口直結
  2. 入居社員数 約1,000名
  3. 業務開始日 2016年5月9日(月)

オフィスIoTソリューション事例

  1. ロボット(Pepperくん)による来訪者案内ソリューション
    当社は、ソフトバンクロボティクス株式会社の「Pepperパートナープログラム」の第一期ロボアプリパートナー(Basic)に認定されております。当社にご訪問いただいたお客様は、まずPepperくんが受付手順をご案内いたします。
  2. オフィスビルにおけるトイレの「困りごと」解決ソリューション
    ホワイトカラーの職場では、一定の時間帯にトイレの利用が集中するため、利用者はしばしば各階の空きトイレを探し歩く必要が生じます。当社は、社員の悩みを解決するために、各階のトイレの空き状況が、自席のパソコンや廊下の表示板で確認できる仕組みを構築しました。また、トイレ内で急な病を発症した場合、密室であるために発見が遅れることがあります。当社では、前述の仕組みに、緊急ボタンによる通報機能および、一定時間以上の利用者に対して音声による安否確認を行う機能を付加し、早期発見につなげます。加えて、環境観測(温度、湿度、気圧)機能によるトイレ環境の保全に努めます。装置から送信されるデータは、ニフティクラウド上のサーバに蓄積され、執務席からの照会はもちろん、今後様々なビッグデータ分析に活用して参ります。当社は、トイレのIoT(Internet of Toilet)を通して、これらを社会に有用なソリューションとして成長させるべく、IT業界で唯一「NPO法人日本トイレ研究所(Japan Toilet Labo.)に加盟し、日々研究を重ねております。
  3. 共連れ防止&館内サポート画像ソリューション
    開閉式の扉では、1枚のセキュリティカードで複数名が通過する、いわゆる「共連れ入館」がセキュリティ対策上の課題となります。当社では、画像解析技術を活用して、セキュリティカメラで「共連れ入館」を自動的に検知・警告を発し、管理者に通報する仕組みを開発しました。また、各階の廊下には、行き先を迷っておられるお客様を自動的に発見し、管理者に知らせ、お声がけにつなげる仕組みを導入します。これらにより、お客様の大切な情報を預かる企業としてのセキュリティ強化と、サービス向上を図ってまいります。

日付: 2016年4月1日
会社名: 株式会社富士通九州システムズ, 株式会社富士通九州システムサービス

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通九州システムズ
総務人事本部 総務部
icon-telephone 電話: 092-260-6200
icon-form お問い合わせフォームへ