PRESS RELEASE

2018年11月29日
株式会社富士通九州システムズ

IoTソリューションの共創をめざして、「GLOVIA smartホテルSaaS」を導入

~インバウンド客へのスムーズな対応とホテルフロント業務の省力化を図る~

一期一会を商号の由来とするいちご株式会社様(本社:東京都千代田区、代表執行役社長 長谷川拓磨氏、以下 いちご様)は、既存不動産に新しい価値を創造する「心築(しんちく)」を軸に、J-REIT運用などの不動産関連事業をグループで展開しています。

同社が心築した「THE KNOT TOKYO Shinjuku」が2018年8月8日にリニューアルオープン。新ホテルでは従来と客層が逆転して8割をインバウンド客が占めるようになり、外国語ができるスタッフの不足からスムーズな顧客対応ができないといった課題がありました。そこでフロント業務を効率化するため、当社の「GLOVIA smartホテルシステム」と自動チェックイン機やスマカギを連携し、チェックイン業務や客室業務の効率化により、ホテルスタッフのみならず利用者の利便性向上をめざしています。

背景と導入効果

当社は、2018年3月にいちご様とホテル事業でビッグデータ、AI技術、IoTを活用した新たなビジネス創出に向けたソリューションでの共創を発表。いちご様のレベニューマネジメントシステムとGLOVIA smartホテルシステムとを連携させたソリューションの開発で合意しました。

その合意に基づき、2018年8月にリニューアルオープンした「THE KNOT TOKYO Shinjuku」において、当社はIoTによる管理コスト削減をめざし、クラウドサービスであるGLOVIA smartホテルSaaSをベースに、従来から導入されていた自動チェックイン機との連携、および新規採用したスマカギ連携を実施しました。

自動チェックイン機は、チェックイン/アウトをお客様自身が操作して、フロント精算業務(予約検索~チェックイン/アウト)を完了することで、スタッフの業務負担の軽減や省人化に貢献します。また、もう一つの連携システムであるスマカギは、IoTプラットフォームを活用したデジタルドアロックの遠隔管理サービスで、部屋のドアに設置されたデジタルドアロックにICカードキーをかざすか、暗証番号(PINコード)の入力で鍵の開錠をします。デザイン性の高さから外国人のお客様の評判が良く、新たな価値を提供しています。

今後の展開

新システムは、いずれもクラウドサービスならではの運用の容易さ、アップデートの速さ、設置スペースが不要というメリットのほか、富士通の非常に堅牢なデータセンターで稼働していることから、有効なBCP対策にもなっています。

今後は、自動チェックイン機の利用率を高めて省力化を図るとともに、個々のお客様の要望へのより細かな対応の実現すること、さらに、スマカギから日々、IoTプラットフォームに蓄積される入退室や部屋の滞在時間などのデータの活用をめざしています。

本サービスの特長

ホテルや旅館の宿泊部門に必要な宿泊予約、フロントレセプション、フロント会計の機能から、顧客管理機能、売掛管理機能までを備えたホテルシステム(PMS)・旅館システムです。お客様のニーズにあわせてパッケージ型、月額課金のクラウド型システムの選択ができます。

詳しく見る

関連リンク

商標について

  • 記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

ページの先頭へ