富士通のノウハウと蓄積された経験で製造業の未来をカタチ創る

製造業向けSCM/ERP/MESソリューション

富士通のノウハウと蓄積された経験で製造業の未来をカタチ創る製造業向けSCM/ERP/MESソリューション

私達が大切にしていることは、お客様にERPを使い続けていただくこと

いまERP/SCMに求められているのは、社会環境の変化や事業の拡大に柔軟に対応できる「変化に強いERP/SCM」であること、そして煩雑になりがちなオペレーションであっても高いユーザビリティを確保した「使いやすいEnterprise Application Solution」であることだと考えます。

そのカギを握るのは「ものづくり知見」

自らが製造業である富士通には、ものづくり企業としての「DNA」があり、長年のERP導入経験により培われた、ものづくり知見を活かした3つのこだわりがあります。

私達が大切にしていることは、お客様にERPを使い続けていただくこと。
私達はものづくり企業ならではのERPベンダーとして、お客様のデジタル・トランスフォーメーションを強力にバックアップいたします。

富士通の製造業ソリューションへの想い動画(YouTube)

富士通の製造DXに向けた取り組み - SDGsへの取り組み -

当社はDX企業として2021年4月、社会課題を起点にお客様と共に成長を加速していくための7つの重点注力分野を発表し、その中の1つに、Sustainable Manufacturingという、循環型で持続可能なものづくりの実現に向けた取り組みをご提案しております。 この循環型で持続可能なものづくりの考え方は、エコシステムによるSDGsの達成に向けた取り組みへも通じてます。

将来の不確実性やニーズの多様化への対応など、ものづくりのソリューション提供に活かしていくことが富士通の使命です。

富士通製造DXのSDGsの取り組み

富士通の製造DXに向けた取り組み - SDGsへの取り組み -

製造DX実現に向けた富士通のケーパビリティ

富士通は、自らがものづくりDNAを持った製造業の一員であるノウハウ・強みをもとに、豊富なリファレンスをもつ業務領域(製造現場向けの業務改善)において、“ものづくり知見”を生かしてお客様に貢献します。

製造業ならではのノウハウ国内30ヶ所以上

製造業ならではのノウハウ

国内30ヶ所以上

ものづくり(設計~生産~実績)業務アプリケーションを自社開発国内

ものづくり(設計~生産~実績)
業務アプリケーションを自社開発

国内唯一ベンダ

ものづくり系ソリューションの提供実績10,000社以上

ものづくり系ソリューションの
提供実績

10,000社以上

富士通の製造DXとは

製造DXにおいて重要なのは、設計BOM、製造BOMなど、ものづくりの仕様に関わって、かつ変更がされた場合に、その管理がものづくりの生産性や品質に非常に、高い影響を及ぼすエンジニアリングチェーンの業務プロセスです。

青色の縦軸の設計・生産・現場までの業務をカバーしているエンジェルリングチェーンを、いかにデジタル情報で伝えていくのか、変化に追随した管理がいかにできているのか大きなポイントです。
富士通は、デジタルスレッド/デジタルドリブン強化という観点で、設計BOMから製造現場まで一貫して同一の情報でプロセスを繋いでいき、業務のスピードアップ化をはかっていく、あるいはプロセスを超えて、データを有効活用していることで分析できることや、改善トレーサビリティを確保できることなどが製造DXのポイントになってきていると考えております。

製造DXのスコープイメージ図

  • 横軸(緑色):サプライチェーン業務プロセス(受注~生産~在庫~購買)
  • 縦軸(青色):エンジニアリングチャーン業務プロセス(部品表管理~工程設計~製造実行管理)

ものづくり領域の経営改革を実現する製造DXテーマと課題

富士通では、経営改革テーマを4つのカテゴリにわけ、その中の課題を主要な7つの製造DXテーマを設定し、システム化・業務改革における道標をご提供しています。各テーマの実現に向けて必要となるソリューション群を活用、業務プロセスモデルを構築することでお客様の製造DX化を実現します。

経営改革を実現する製造DXテーマとソリューション体系

経営改革を実現する製造DXテーマとソリューション体系

GLOVIA smart PROFOURSGLOVIA Process C1Detail Scheduling(製造詳細計画)Actual Costs(実際原価計算)Mass Customization(個別受注生産)デジタルサプライチェーン(IBP)制約基準生産計画(PPDS)エンジニアリング製造実行(Production Engineering and Operations)ポートフォリオ管理(PPM)製品物流(EWM/TM)構内物流(EWM)製造実行(ME)現場見える化(MII)製造実行(DMC)プロジェクト管理(PS)生産管理(PP)購買管理(MM)在庫管理(MM)販売管理(SD)プラント保全(PM)品質管理(QM)

生産の高度化オファリング

イベント・セミナー
イベント・セミナー

お客様の声

  • 「設計段階から製造の最終工程までをデータを介して連携、かつリアルタイムで共有し、また変更点の管理も厳格に行えることは、私たちの生産管理思想であるKPSを推進する上においても、求める要件を満たすものでした」

    川崎重工業株式会社
    航空宇宙システムカンパニー生産本部 副本部長(岐阜工場、SCM & IOT担当)
    理事・工学博士 酒井 昭仁 氏

    川崎重工業株式会社 航空宇宙システムカンパニー生産本部 副本部長(岐阜工場、SCM & IOT担当)理事・工学博士 酒井 昭仁 氏

  • 「血液透析装置は、標準モデルはあるのですが、お客様ごとの目的、システム環境などによって仕様が異なります。これまで運用していたバリアントコンフィギュレーションを、システムの中で運用できるかどうかは重要なポイントになりました。SAP ERPとSAP MEがマスターも一貫して密に連携することで、各仕様に合わせた作業手順書やチェックリストが自動的に選択され、手順書に従うことでバリアントコンフィギュレーションを実現できる点を評価しました」

    日機装株式会社
    メディカル事業本部 金沢製作所 生産管理部 部長 プロジェクト責任者 杉本 一彦 氏

    日機装株式会社 メディカル事業本部 金沢製作所 生産管理部 部長 プロジェクト責任者 杉本 一彦 氏

  • 「慣れ親しんだ計画管理システムより使いやすく、公開テーブルがあるためデータ連携や活用がしやすい。何よりも、一番の目的である製造計画の自動立案を簡単に実現できる魅力がありました。
    計画管理は、リードタイム短縮や在庫削減など、製造プロセスの合理化を目標としていますが、それがすべてじゃない。必要なデータ入力をシステムで自動化しつつも、製品ごとの条件や現場の動きやすさを調整する味付けは、人の手にしかできないこと。私のイメージ通りのご提案でした」

    株式会社東振精機
    購買部 部長 東 晴信 氏

    株式会社東振精機 購買部 部長 東 晴信 氏

製造業向けSCM/ERP/MESソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ページの先頭へ