Fujitsu Application for
SAP® Solutions Actual
Costs Template
実際原価

プロセス産業の業種特性

プロセス産業では、ナフサや輸入原材料の価格高騰などによる市場の影響、また季節や設備など製造条件の変化により製造指図と実績が必ずしも一致しないことや、複雑な逆ツリー型生産工程への対応などが必要です。そのため、不確かな市場環境への対応には、これら市場変動や業界特性を考慮した原価・損益管理が求められています。

原材料価格の変動

配合実績が不均一

複雑な生産工程

プロセス産業の特性を理解した原価・損益管理を、Fujitsu Application for SAP® Solutions Actual Costs Template 実際原価が、解決します。

プロセス産業に対応した実際原価計算を補完するFujitsu Application for SAP® Solutions Actual Costs Template 実際原価を導入することで、実際原価ベースの正確な実績値の算出が実現できます。
これにより、製品別製造原価および損益を把握し、課題への対策、売れ筋製品への投資などの経営判断に必要不可欠な情報がリアルタイムにみることができます。

プロセス産業の特性を理解した原価計算で精度の高い原価・損益を把握

  • 逆ツリー型の生産工程にあった工程別の『ころがし計画』
  • 『工程戻し』や連産品/副産物/作業屑等の様々な品目種別に対応
  • ユーティリティ/経費等に対する豊富な配賦パターンを用意

予実差異分析による経営判断、シミュレーション分析で先を見据えた戦略立案

  • 工程別品目別の総合実際原価計算で正確な月次製造原価・損益を把握
  • 所要量展開による受払自動作成を用いた予算編成の効率化
  • 予実差異分析、シミュレーション分析で様々なケース分析・リスク対策

Fujitsu Application for SAP® Solutions Actual Costs Template 実際原価 がお客様のデータドリブン経営を変えます。

効果的な経営施策の立案

様々なシミュレーションパターンの結果と再分析から、より有効な施策立案をご支援します。

非累加法を用いたコスト分析

非累加法による計算結果から、工程を遡ることなく、最終品目に対するコスト分析が可能です。

煩雑なマスタ運用からの脱却

製造実績値を用いた原価計算を行うため、原価標準/BOM情報のマスタ登録が不要です。

FujitsuJpIndustryBiz 富士通株式会社の産業(製造業)のお客様向けエンタープライズソリューションチャンネルです。富士通がご提供できる様々なエンタープライズアプリケーションサービスをお届けします。

製造業向けSCM/ERP/MESソリューションに関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200

(通話無料)

受付時間:平日9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ