GTM-MML4VXJ
Skip to main content

基幹業務システム

すでに一般的となっているフロントエンドシステムでのLinux活用に加えて、これまでは商用UNIXで構築していたような企業の基幹業務システム、ミッションクリティカルを要求される社会インフラのシステムに至るまでLinuxを採用する動きが加速しています。

これはLinux自身の成熟はもちろんのこと、Linuxに対応した高性能・高信頼性なハードウェアの登場やミドルウェアなどのLinux対応、加えてLinuxシステムを構築・運用できる技術者の増加によるものです。

基幹業務システムへのLinux適用

企業内の部門業務システムから証券取引所のようなミッションクリティカルなシステムに至るまで、富士通は数多くのシステムをLinuxで構築してきました。これを実現できたのは、豊富な技術力を持つ富士通だからこそです。

ミッションクリティカルシステムを実現する富士通の技術力

富士通は、お客様とともにLinuxで最適、最良なソリューションを実現します。