GTM-MML4VXJ
Skip to main content

パフォーマンス

富士通のUNIXサーバは、自社開発のプロセッサや最先端のサーバテクノロジーの採用により、他社を圧倒する高い性能を実現しています。
お客様のシステムにおけるパフォーマンスの指標となるよう、ベンチマークなどで優れた性能を登録しています。

世界最高性能一覧ベンチマーク結果各ベンチマークテストの概要

世界最高性能をベンチマークで実証。
現在、富士通のUNIXサーバは、以下のベンチマークテストにおいて、世界最高性能を維持しています。

2017年12月28日現在

登録日/
ベンチマーク名
測定結果 測定環境
2017年12月
SPECrate®2017_int
Score:2,610(Peak値)
[2,090(Base値)]
Fujitsu SPARC M12-2S:SPARC64 XII(4.25GHz)× 32CPU(384コア)、Oracle Solaris 11.3、Version 12.6 of Oracle Developer Studio
2017年12月
SPECrate2017_fp
Score:2,940(Peak値)
[2,280(Base値)]
Fujitsu SPARC M12-2S:SPARC64 XII(4.25GHz)× 32CPU(384コア)、Oracle Solaris 11.3、Version 12.6 of Oracle Developer Studio
2017年12月
SPECrate2017_int
(16CPUクラス)
Score:1,420(Peak値)
[1,180(Base値)]
Fujitsu SPARC M12-2S:SPARC64 XII(4.25GHz)× 16CPU(192コア)、Oracle Solaris 11.3、Version 12.6 of Oracle Developer Studio
2017年12月
SPECrate2017_fp
(16CPUクラス)
Score:1,520(Peak値)
[1,250(Base値)]
Fujitsu SPARC M12-2S:SPARC64 XII(4.25GHz)× 16CPU(192コア)、Oracle Solaris 11.3、Version 12.6 of Oracle Developer Studio
2017年4月
SPECfp_rate2006
(16CPUクラス)
Score:11,700(Peak値) SPARC64 XII(4.25GHz)× 16CPU(192コア)、Oracle Solaris 11.3
2017年4月
STREAM
(16CPUクラス)
TRIAD: 1,530GB/s SPARC64 XII(4.25GHz)× 16CPU(192コア)、Oracle Solaris 11.3
2017年4月
STREAM
(8CPUクラス)
TRIAD:777GB/s SPARC64 XII(4.25GHz)× 8CPU(96コア)、Oracle Solaris 11.3
2017年4月
STREAM注1
(1CPUクラス)
TRIAD:127GB/s SPARC64 XII(3.9GHz)× 1CPU(12コア)、Oracle Solaris 11.3
2014年12月
2階層SAP® SD
153,050 SAP SDベンチマークユーザ SPARC64 X+(3.7GHz)、32CPU(512コア)、Oracle Solaris 11
2014年4月
SPECint_rate2006
Score:31,400 SPARC64 X+(3.7GHz)× 64CPU(1,024コア)、Oracle Solaris 11.1
2013年9月
STREAM
(32CPUクラス)
TRIAD:2,071GB/s SPARC64 X(3.0GHz)× 32CPU(512コア)、Oracle Solaris 11.1
2013年7月
SPECjbb®2005
SPECjbb2005 bops: 35,912,688
SPECjbb2005 bops/JVM: 70,142
SPARC64 X(3.0GHz)、64CPU(1,024コア)、Oracle Solaris 11.1
2013年3月
STREAM注1
TRIAD:4,002GB/s SPARC64 X(3.0GHz)× 64CPU(1,024コア)、Oracle Solaris 11.1
2013年3月
SPECfp_rate2006
19,700(peak値) SPARC64 X(3.0GHz)× 64CPU(1,024コア)、Oracle Solaris 11.1

アプリケーションベンチマーク結果

Oracle E-Business Suite Standard Benchmark ORACLE APPLICATIONS RELEASE 12 (12.1.3)

HR Self-Service

測定マシン HR Self-Service : OLTP ワークロード結果
Avg. Resp.(Sec) 90th % Response Time(Sec) Concurrent Users Transactions Completed
Fujitsu SPARC M10-4S(SPARC64 X+) 0.209 Sec 0.275 Sec 4,000Users 26,546

iProcurement

測定マシン iProcurement : OLTP ワークロード結果
Avg. Resp.(Sec) 90th % Response Time(Sec) Concurrent Users Transactions Completed
Fujitsu SPARC M10-4S(SPARC64 X+) 0.270 Sec 0.301 Sec 600 Users 21,316

Order Management

測定マシン Order Management : OLTP ワークロード結果
Avg. Resp.(Sec) 90th % Response Time(Sec) Concurrent Users Transactions Completed
Fujitsu SPARC M10-4S(SPARC64 X+) 0.475 Sec 0.508 Sec 1,120 Users 138,904

標準ベンチマークNo.1実績

富士通のUNIXサーバは数多くのベンチマークでNo.1を獲得しています。その優れた性能と信頼性は客観的に証明され、評価されています。
過去に各種ベンチマークテストにおいて世界最高記録を達成したものをご紹介します。

登録月 ベンチマーク名 測定環境
2017年4月 SPECint_rate2006(16CPUクラス) SPARC64 XII(4.25GHz)× 16CPU(192コア)、Oracle Solaris 11.3
2017年4月 SPECfp_rate2006(8CPUクラス) SPARC64 XII(4.25GHz)× 8CPU(96コア)、Oracle Solaris 11.3
2017年4月 SPECfp_rate2006(4CPUクラス) SPARC64 XII(4.25GHz)× 4CPU(48コア)、Oracle Solaris 11.3
2017年4月 SPECfp_rate2006(2CPUクラス) SPARC64 XII(4.25GHz)× 2CPU(24コア)、Oracle Solaris 11.3
2017年4月 SPECjbb2015 composite(1CPUクラス) SPARC64 XII(4.25GHz)× 1CPU(12コア)、Oracle Solaris 11.3
2016年2月 SPECjbb2015 MultiJVM max-jOPS SPARC64 X+(3.7GHz)、20CPU(320コア)、Oracle Solaris 11
2016年2月 SPECjbb2015 composite critical-jOPS(1CPUクラス) SPARC64 X+(3.7GHz)、1CPU(16コア)、Oracle Solaris 11
2014年4月 SPECjbb2013 - MultiJVM critical-jOPS(4CPUクラス) SPARC64 X+(3.7GHz)× 4CPU(64コア)
2014年4月 2階層SAP SD(16CPUクラス) SPARC64 X+(3.7GHz)× 16CPU(256コア)
2014年4月 SPECjbb2013 - MultiJVM max-jOPS SPARC64 X+(3.7GHz)× 16CPU(256コア)
2014年4月 SPECjbb2013 - MultiJVM critical-jOPS SPARC64 X+(3.7GHz)× 16CPU(256コア)
2014年4月 SPECint_rate2006 SPARC64 X+(3.7GHz)× 64CPU(1,024コア)
2014年4月 SPECint_rate2006(16CPUクラス) SPARC64 X+(3.7GHz)× 16CPU(256コア)
2014年4月 SPECfp_rate2006(16CPUクラス) SPARC64 X+(3.7GHz)× 16CPU(256コア)
2014年4月 SPECfp_rate2006(4CPUクラス) SPARC64 X+(3.7GHz)× 4CPU(64コア)
2014年4月 SPECfp_rate2006(1CPUクラス) SPARC64 X+(3.7GHz)× 1CPU(16コア)
2013年9月 SPECint_rate2006(32CPUクラス) 注1 SPARC64 X(3.0GHz)× 32CPU(512コア)
2013年9月 STREAM(32CPUクラス) SPARC64 X(3.0GHz)× 32CPU(512コア)
2013年7月 SPECjbb2013 - MultiJVM max-jOPS SPARC64 X(3.0GHz)、16CPU(256コア)
2013年7月 SPECjbb2013 - MultiJVM critical-jOPS SPARC64 X(3.0GHz)、16CPU(256コア)
2013年7月 SPECjbb2013 - MultiJVM max-jOPS(4CPUクラス) SPARC64 X(3.0GHz)、4CPU/64コア
2013年7月 SPECjbb2013 - MultiJVM critical-jOPS(4CPUクラス) SPARC64 X(3.0GHz)、4CPU/64コア
2013年7月 SPECjbb2005 SPARC64 X(3.0GHz)、64CPU(1,024コア)
2013年5月 2階層SAP SD SPARC64 X(3.0GHz)、40CPU(640コア)
2013年5月 STREAM(4CPUクラス) SPARC64 X(3.0GHz)× 4CPU(64コア)
2013年3月 STREAM注1 SPARC64 X(3.0GHz)× 64CPU(1,024コア)
2013年3月 STREAM(16CPUクラス) SPARC64 X(3.0GHz)× 16CPU(256コア)
2013年3月 SPECfp_rate2006注1 SPARC64 X(3.0GHz)× 64CPU(1,024コア)
2013年3月 SPECint_rate2006(16CPUクラス) SPARC64 X(3.0GHz)× 16CPU(256コア)
2013年3月 SPECfp_rate2006(16CPUクラス) SPARC64 X(3.0GHz)× 16CPU(256コア)
2013年3月 SPECint_rate2006注1 SPARC64 X(3.0GHz)× 64CPU(1,024コア)

商標について

  • SAP®及びSAPロゴ、SAP R/3、mySAP.com、mySAP Businness Suite、その他のSAP製品は、ドイツ及びその他の国におけるSAP AGの商標または登録商標です。
  • SPEC®およびベンチマーク名のSPECrate®, SPECint®, SPECfp®, SPECjbb®, SPEComp®, SPECweb® , SPECjAppServer®は、米国およびその他の国におけるStandard Performance Evaluation Corporation(SPEC)の商標または登録商標です。
  • TPC, TPC-C, tpmC, TPC-H, QphHは米国Transaction Processing Performance Councilの商標です。

(注1)HPC用途を除いた登録値との比較