GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SPARC M12-2S STREAM 16CPUクラスで世界最高性能を更新

2017年4月4日

SPARC M12-2Sは、STREAMベンチマークにおいてTRIADで1,530 (GB/s) を記録し、16CPUクラスで世界最高性能を達成しました。

STREAMとは、メモリアクセス性能指標として使用されるベンチマークです。プロセッサがメモリにアクセスする際の持続的なメモリバンド幅を測定するものです。

ベンチマークテストの詳細および最新情報は、STREAM Benchmark Performance ResultsOpen a new windowで確認できます。

STREAM (16CPUクラス) 測定結果

測定マシン COPY(GB/s) SCALE(GB/s) ADD(GB/s) TRIAD(GB/s)
Fujitsu SPARC M12-2S 1,322 1,299 1,479 1,530
Fujitsu SPARC M10-4S 890 904 1,020 1,023
Fujitsu SPARC Enterprise M8000 69 71 82 81

[測定環境]

  • Fujitsu SPARC M12-2S:

SPARC64 XII(4.25GHz)× 16CPU(192コア), Oracle Solaris 11.3

  • Fujitsu SPARC M10-4S:

SPARC64 X(3.00GHz)× 16CPU(256コア), Oracle Solaris 11.1

  • Fujitsu SPARC Enterprise M8000:

SPARC64 VII(2.88GHz)× 16CPU(64コア), Oracle Solaris 10 5/09

(出典:STREAMOpen a new window

[注記事項]
掲載内容は発行日時点のものです。