GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SPARC M10-4S SPEC CPU2006で世界最高性能を達成

2013年4月30日

SPARC M10-4Sは、SPECint®_rate2006 およびSPECfp®_rate2006において世界最高性能を達成しました。注1

SPEC CPU2006は、ハードウェア処理を総合的に評価するベンチマークテストです。
SPECint_rate2006は整数演算性能(スループット)を示す指標であり、SPECfp_rate2006は浮動小数点演算性能(スループット)を示す指標です。
ベンチマークテストの詳細および最新情報は、SPECOpen a new windowで確認できます。

(注1)HPC用途を除いた登録値との比較

測定結果

測定マシン 測定値(Peak)
SPARC M10-4S 23,800
IBM Power 795 11,300

測定マシン 測定値(Peak)
SPARC M10-4S 19,700
IBM Power 795 10,500

[測定環境](2013年4月30日現在)

  • SPECint_rate2006
SPARC M10-4S: SPARC64 X(3.0GHz)× 64CPU(1,024コア)、Oracle Solaris 11.1、
C/C++: Version 12.3 of Oracle Solaris Studio,1/13 Platform Specific Enhancement
IBM Power 795: POWER7(4.0GHz)× 32CPU(256コア)、Red Hat Enterprise Linux Server release 6.0(ppc64), Kernel 2.6.32-71.el6.ppc64、
IBM XL C/C++ for Linux, V11.1 Updated with the Nov2010 PTF
  • SPECfp_rate2006
SPARC M10-4S: SPARC64 X(3.0GHz)× 64CPU(1,024コア)、Oracle Solaris 11.1、
C/C++: Version 12.3 of Oracle Solaris Studio, 1/13 Platform Specific Enhancement
IBM Power 795: POWER7(4.0GHz)× 32CPU(256コア)、Red Hat Enterprise Linux Server release 6.0(ppc64), Kernel 2.6.32-71.el6.ppc64、
IBM XL C/C++ for Linux, V11.1 Updated with the Nov2010 PTF
または、
POWER7(4.0GHz)× 32CPU(256コア)、
IBM AIX V7.1、IBM XL C/C++ for AIX, V11.1 Version: 11.01.0000.0002

(出典:SPECOpen a new window(The Standard Performance Evaluation Corporation)

[注記事項]
掲載内容は発行日時点のものです。