GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. コンピュータプラットフォーム >
  4. サーバ >
  5. UNIXサーバ >
  6. SPARC Servers >
  7. Why SPARC Servers >
  8. パフォーマンス >
  9. SPARC M12-2S SPECjbb2015-Composite critical-jOPS 1CPUクラスにおいて世界最高性能を達成

SPARC M12-2S SPECjbb2015-Composite critical-jOPS 1CPUクラスにおいて世界最高性能を達成

2017年4月4日

SPARC M12-2Sは、最新のJava®アプリケーションのベンチマークであるSPECjbb®2015のCompositeカテゴリにおいて、1CPUクラスの critical-jOPS の指標で、世界最高値を更新しました。

SPECjbb2015はJavaアプリケーションサーバ性能を測定するベンチマークとして業界で標準的に使われてきたSPECjbb2005、SPECjbb2013の後継として開発されました。大量のデータをリアルタイムに処理していくことが求められるビックデータ時代に向け、SPECjbb2015は従来のスループット性能に加えてレスポンス性能を性能指標として追加しています。
従来のスループット性能を示すmax-jOPSに加え、所定のレスポンス時間要件を満たすタスクのスループット性能を示すcritical-jOPSを測定します。

SPECjbb2015 - Composite 1CPUクラス 測定結果

測定マシン SPECjbb2015 - Composite critical-jOPS SPECjbb2015 - Composite max-jOPS
Fujitsu SPARC M12-2S 37,682 52,659
Hewlett Packard Enterprise
ProLiant DL120 Gen9
31,886 53,842
Fujitsu SPARC M10-4S 20,607 28,797

[SPECjbb2015ベンチマークテスト 測定環境]

  • SPECjbb2015-Composite
Fujitsu SPARC M12-2S: SPARC64 XII(4.25GHz)× 1CPU(12コア), メモリ: 512GB, OS: Oracle Solaris 11.3, JVM: Java HotSpot™ 64-Bit Server VM, version 1.8.0_121
Hewlett Packard Enterprise
ProLiant DL120 Gen9:
Intel Xeon E5-2699 v4(2.2GHz)× 1CPU(22コア), メモリ: 128GB, OS: Red Hat Enterprise Linux Server 7.2(3.10.0-327), JVM: Java HotSpot™ 64-bit Server VM, version 1.8.0_74
Fujitsu SPARC M10-4S: SPARC64 X+(3.70GHz)× 1CPU(16コア), メモリ: 512GB, OS: Oracle Solaris 11.3(Oracle Solaris 11.3.2.4.0), JVM: Java HotSpot™ 64-Bit Server VM, version 1.8.0_66

発行日時点で、本性能値はSPEC(The Standard Performance Evaluation Corporation)へのsubmitを完了しています。(出典: SPEC(The Standard Performance Evaluation Corporation)Open a new window


[注記事項]
掲載内容は発行日時点のものです。