GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SPARC M10-4S SPECjbb2013-MultiJVMで世界最高性能達成

2013年7月23日

SPARC M10-4Sは、最新のJava®アプリケーションのベンチマークであるSPECjbb®2013のMultiJVMカテゴリにおいて、max-jOPSとcritical-jOPSの指標で世界最高値を達成しました。

SPECjbb2013-MultiJVMで世界最高性能達成

SPECjbb2013 - MultiJVM

SPECjbb2013は、Javaアプリケーションサーバ性能を測定するベンチマークとして業界で標準的に使われてきたSPECjbb2005の後継として開発されました。大量のデータをリアルタイムに処理していくことが求められるビックデータ時代に向け、SPECjbb2013は従来のスループット性能に加え、レスポンス性能を性能指標として追加しています。具体的には従来のスループット性能を示すmax-jOPSに加え、所定のレスポンス時間要件を満たすタスクのスループット性能を示すcritical-jOPSを測定します。

SPARC M10は、特にこのレスポンス性能を示すcritical-jOPSにおいて従来の世界最高登録値の7.2倍を達成しており、Javaアプリケーションの圧倒的なレスポンス性能の向上を実証しました。

[SPECjbb2013ベンチマークテスト]

  • SPECjbb2013-MultiJVMの性能値および測定環境(2013年7月23日現在)
    • SPARC M10-4S
      測定値(max-jOPS) 308,936
      測定値(critical-jOPS) 168,127
      測定環境 SPARC64 X(3.0GHz)、16CPU/256コア、メモリ 4352GB、
      OS:Oracle Solaris 11.1 SRU 6.4、
      JVM:Java HotSpot™ 64-Bit Server VM, version 1.7.0_17
  • 従来の最高登録値の測定環境、ベンチマークテストの詳細および最新情報は、The Standard Performance Evaluation Corporation(SPEC)Open a new windowをご覧ください。

[注記事項]
掲載内容は発行日時点のものです。