トレーサビリティデータをつなぎ製造過程や取引の透明性を確保

透明性がステークホルダーの信頼を獲得する

様々なモノや情報が、組織や業種、国を越えて取引される現代において、多くの人がそのつながりに安心と安全を求めています。
グローバルに広がるサプライチェーンでは、ステークホルダーが多様で、取引が不確実な状況に陥る可能性が高くなる問題を抱えています。そこで、売買する人だけでなく、物流や保険などの様々な関係者が信頼できる高いトレーサビリティを実現することが重要となります。また、製造や物流の過程ではトレーサビリティに加え、業務効率化やコスト削減、持続可能性なども同時に実現していかなければなりません。

富士通は、多様なステークホルダーが保有するデータをつなぐことで、いつどこで誰がどのようなやり取りしているかを透明で効率的な形で提供し、取引に安心と信頼をもたらす追跡可能性を、データドリブン・マネジメントの観点で実現します。

国際的な取引業務

Cross Industry Transformation

グローバルな取引では、商習慣の異なる国の取引相手や様々な業者を介した取引を行うため、そのプロセスの透明性確保や価格の適正化などの課題がより深刻になります。
富士通は、高い信頼性と安全性を求められる食品および製造分野、各種製品の輸出入事業などで培ったブロックチェーン技術の活用スキルと実際のユースケースの中で得た業種ノウハウとをベースに、透明性の高い取引を実現します。

関連業界
  • 業界横断
  • 製造
  • 流通
関連情報

原材料のトレーサビリティの確保

Cross Industry Transformation

食品や製造、流通に関わる業界では、製品の安全・安心を担保することが、ブランド価値や顧客満足度に大きな影響を与えます。そこで、原材料の生産地、生産方法、保管の状況などユーザーが製品を入手するまでの一連のプロセスを透明化し、生産者と消費者をつなぐ仕組みを実現することで、新たな顧客体験を提供することが可能となります。

関連業界
  • 製造
  • 流通
関連情報

高度な循環型経済の促進

Cross Industry Transformation

従来の経済は、原料調達、生産、消費、廃棄という一方通行の「直線型」の仕組みの上に成り立ってきましたが、「循環型経済」においては、廃棄されていたものがリサイクル・再利用され、材料や製品が無駄なく有効に活用されるようになります。
さらに、モジュラリティの進化により、循環の環は様々な用途や業種に広がっていきます。このため、リサイクル・再利用された製品を安心してお使いいただける、業界横断的なトレーサビリティの仕組み作りが重要になっています。

関連業界
  • リユースやリサイクル製品を取り扱う業種
  • 製造
  • 流通

Data Driven Managementに関するお問い合わせ・ご相談

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • 0120-933-200(通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ