意思決定の高度化計数管理から戦略立案、意思決定まで、データによる経営高度化

ファクトベースで素早く最適な意思決定を

経営者が正しく意思決定をするためには、企業を取り巻く社会や顧客とのつながりや、企業が持つ資産(ヒト、モノ、カネ)に関する情報、各拠点・現場から発生する売り上げや損益などの様々なデータを統合し、自社の将来の成長やビジネスに影響のある事象や要因を分析し、理解することが欠かせません。

ところが、これまでは企業内システムは目的別、組織別にシステム化が進展し、都度最適な情報技術を採用してきたため、企業内にある有益な情報はサイロ化しており、これらのデータを計数管理や戦略立案、意思決定などへ活用するには、必ず人の手が介在するなど経済性、効率性の観点から十分にできていませんでした。

富士通は、自らをDX化する中で進めてきた社内にある大規模なデータの統合に関する知見や、データ統合・活用に関して様々なお客様へご提案してきた経験をもとに、これまでは困難であった、企業内にあるサイロ化された大量のデータの統合・分析による新たなインサイトを発掘する仕組みを実現、データに基づく最適かつ迅速な意思決定をサポート。お客様の経営のスピードアップに貢献します。

経営判断の高度化

Management Transformation

経営資源を常に最適に配分するために、国内の各拠点やグローバル拠点など、企業内に散在する、形式の異なる様々なデータの統合を実現します。
これにより、経営管理指標の進捗トラッキングやマネジメントを効率的に行うことができ、戦略立案のためのシミュレーションや、意思決定に必要なインサイトの抽出など、より戦略的な業務へ時間を割くことができるようになります。

関連業界
  • 全ての業界

経営ダッシュボード

Management Transformation

経済のグローバル化の進展に伴う地域特性をふまえたビジネスの的確な把握、大規模自然災害の発生によるサプライチェーンの迅速な復旧など、時間や空間を問わず適切な経営判断を素早く行うことが、企業経営に必要不可欠となっています。
営業活動のステージごとの分析、契約状況、導入済み商品の稼働状況など、現場から得られる情報をリアルタイムにわかりやすく可視化できる経営ダッシュボードが、経営者の情報収集にかかるコストを削減し、スピーディーな意思決定を支援します。
富士通では、実データに基づくアジャイル/スモールスタートのアプローチで、迅速かつ確実にお客様のデジタル経営をご支援します。

関連業界
  • 全ての業界

Data Driven Managementに関するお問い合わせ・ご相談

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • 0120-933-200(通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ