FUJITSU Business Application
Operational Data Management & Analytics

企業におけるデータ利活用は、経営層/管理部門が経営判断を行うためのビジネス状況の見える化だけでなく、営業部門における販売施策立案やマーケティング部門における商品企画戦略など、ビジネスの現場部門での適用にも広がり、現場力向上・現場革新・業務最適化に直結する武器としてますます重要視されています。しかし、これまでのデータ利活用は、高度な分析スキルとITスキルを持つデータサイエンティストなど分析の専門家に依頼する必要がありました。今後は、現場のビジネスユーザが、日々の仕事の中でデータを自ら分析・利活用できることが求められています。

FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics(以下、Operational Data Management & Analytics)は、ビジネス現場自らによるデータ利活用を可能にすることで、現場の意思決定の迅速化・高度化を実現します。本ソリューションは、ビジネス現場主導のデータ利活用に必要なBI/BA機能やデータ管理機能などのソフトウェアセットと、当社の実践知を組み込んだデータ分析シナリオが、当社の長年のSI実績で培った技術・ノウハウにより垂直統合で構成されているため、ビジネス現場での導入~運用の短期間化を実現します。

Operational Data Management & Analyticsを
構成する3つの要素

オペレーショナル
アナリティクス

オペレーショナルアナリティクスは、ビジネス現場が自ら分析結果を活用できるセルフサービス型のデータ利活用環境です。当社が実践で培った豊富なデータ分析手順(分析対象データの選定、収集、加工、分析作業)を分析シナリオとしてあらかじめ自動化してご提供することで、分析にかかる手間を大幅に省力化します。

オペレーショナル
データ
マネジメント

オペレーショナル・データマネジメントは、ビジネス現場でのリアルタイムなデータ利活用を実現するビッグデータ分析プラットフォームです。企業内システムに蓄積された、構造化されたデータに加えて、現場の生データや企業外部の様々なデータを統合管理し、かつ高速に処理することができます。また、ビジネス環境の変化に合わせて、分析対象データの拡張にも容易に対応します。

インテグレーション
サービス

インテグレーションサービスは、 ビジネス現場での新たなデータ利活用に向けて、コンサルから導入、運用までを一貫してサポートするサービスです。富士通が長年培ってきたシステム構築経験を活かし、お客様の新たなビッグデータ利活用のニーズに合わせて、最適な分析システムを提案するとともに、お客様のビッグデータ利活用の進化に合わせて、データ分析の深化を継続的にサポートします。

製品ラインナップ

Operational Data Management & Analyticsでは、お客様ビジネス現場でのニーズが高いデータの利活用方法をモデルとして整理し、業種に応じたソリューション商品をご提供しています。また、お客様のニーズに合わせた新たなデータ利活用を早期に実現するための基盤としてご利用いただけるプラットフォーム商品もご提供しています。

需要予測ソリューション商品

予兆監視ソリューション商品

データ利活用サービス商品

Data Drivenに関するお問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200

富士通コンタクトライン(総合窓口)
受付時間 9:00~12:00および13:00~17:30(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)

webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ