設備運用の高度化データ起点の高度な異常予兆検知によるリスクベースメンテナンスの実現

大規模なセンサーデータから”何かおかしい”を検知

人々の暮らしを支える発電所やプラントなどの重要設備、製造業の工場などでは、安定稼働と高効率化が必要不可欠です。

発電や送配電は重要なインフラであるため、社会的責任が大きい上、社会環境の変化により今まで以上に柔軟な運転が求められます。また、工場においても、機械や設備トラブルは、故障によって製造能力に影響を与えるばかりではなく、不良品の生産・出荷による損失や説明責任を問われかねません。

これらの問題を回避し、安定稼働を担保するために、富士通は大規模なデータセンシングによるアプローチを行っています。大型の設備や多数の設備群に対するデータセンシングにより、設備全体の温度や振動を精緻に解析して監視することで、故障やその予兆をいち早く把握し、トラブルの未然防止・原因究明・設備のリスク評価に応じたメンテナンスを支援します。

炉体設備・配管の温度測定による異常検知

Operational Transformation

製造業などの各種設備では、安定稼働のために、設備温度をリアルタイム測定し、その結果から異常を早期検知することが重要です。
柔軟性、安全性に優れた光ファイバーを温度センサーとして使うことで、距離の長い配管や表面積の大きなボイラーなどの設備に対して大規模かつ細やかな温度測定が可能になります。また、その結果を専用AIで分析し、温度変化から工業炉設備の異常をより精密、かつリアルタイムに検知することができます。

お客様のメリット
  • 工業炉設備を操業中、連続的に温度測定することで、炉内温度や耐火物状態、炉内の流体変化などを把握することが可能
  • 設備の健全性と内部の流体変化などの現象をリアルタイムに把握することで、設備のリスク評価(リスクベースメンテナンス)を実現
  • 設備全体を高密度に温度測定することで、漏れなどによる事故を未然に防ぎ、作業員の安全確保
  • 高精細・高密度な温度分布は、熱処理工程の見える化が可能となり品質向上に貢献
ご利用シーン
  • ボイラー、工業用炉(金属用炉、窯業用炉、他)
    耐火物の浸食・劣化度合を把握したい
    溶解、精錬工程の温度を可視化したい
  • 焼成炉、焼却炉(不連続窯、セラミックス窯、溶融炉、他)
    最適な焼付温度と時間を調整したい
    製品の品質向上と均質化したい

関連業界
  • 製造(鉄鋼、化学、窯業、非鉄金属、ガス、セメント、建築、焼却炉)
  • 電力
関連情報

生産工場・設備の温度監視による安全確保と品質向上

Operational Transformation

食品、化学、マテリアルなどの製造業では、加熱や乾燥の工程での温度変化が製造品の品質に影響します。加熱・乾燥などを行う装置の温度制御は、目視や経験によって制御されているケースも多く、品質の安定化や、改善に向けて様々な取り組みが求められています。光ファイバーを装置の重要箇所に敷設して温度を測定し、専用AIで分析することで、温度変化をリアルタイムに検知することができ、製品品質の安定化や品質向上、業務効率改善に向けた基礎データとして活用することができます。

お客様のメリット
  • 化学反応などによる温度上昇をAI技術が早期に発見。大規模事故を未然に防ぎ作業員の安全を確保
  • 操業中、連続的に設備温度を監視することで、異常予兆を早期に発見し設備の安定稼働を実現
  • 高精細・高密度な温度分布は、製造工程(熱処理・冷却処理・成形乾燥など)における最適な温度調整が可能となり、製品の均質化、不良率低下など品質向上に貢献
ご利用シーン
  • 生産工場、プラント設備(粉砕工程、攪拌工程、混合工程、他)
    老朽設備からの熱漏れを検知したい
    化学反応による温度上昇を検知したい
    設備の異常発熱を検知したい
    高温環境下の測定作業を自動化したい
  • 熱処理工程(乾燥設備、塗装設備、焼付設備、他)
    乾燥工程の最適な温度/時間を知りたい
    設備内の温度ムラを把握したい
    原料が均一に冷却されているか知りたい
    検査試験室の温度環境を安定化させたい

関連業界
  • 製造(貯蔵、搬送、粉砕、攪拌混合、熱処理、冷却処理、成形乾燥、検査、保管)
関連情報

Data Driven Managementに関するお問い合わせ・ご相談

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • 0120-933-200(通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ