FUJITSU Security Solution 次世代ファイアーウォール運用サービス

次世代ファイアーウォール運用サービス

次世代ファイアウォールの設計構築から運用までをワンストップで提供。24時間365日体制で監視・通報し、最適な状態を維持します。

サイバー攻撃検知ツールをお客様環境に設置し、24時間365日監視します

概要

「FUJITSU Security Solution 次世代ファイアーウォール運用サービス」は、次世代ファイアウォール機器で検知されるセキュリティ異常を、24時間365日体制で監視・通報を行います。また、脅威監視、ログ分析、リモート運用支援などトータルにサポートします。

お客様の課題

近年、標的型攻撃の増加やアプリケーションの進化により、従来型の対策では防げないサイバー攻撃への対策として、次世代ファイアウォールを検討、導入されるお客様が増えています。

システムの内外から、脅威を多層防御する次世代ファイアウォールは、アプリケーションの利用状況を含む、様々な不正な通信を検出するため、運用負荷も大きくなります。

  • 次世代ファイアウォール機器を導入済み(または今後導入を予定している)だが、 セキュリティインシデントログ等、稼働状況の確認やセキュリティポリシーの見直しまで手が回らない。
  • セキュリティ監視体制の構築が求められるが、自社で対応することが難しい。
  • セキュリティ人材が不足しており、危険アラートの見極めと適切な初動判断ができるか不安。
  • セキュリティ対策は強化したいが、運用の手間は抑えたい。

サービス内容

次世代ファイアウォールによる異常検知/遮断に加え、当社センターからの異常通報やログの月次分析、ポリシー変更やパッチ適用など、リモートで運用を支援します。

サービス対象製品

本サービスは、以下の製品を使用して提供します 。
(サービス対象製品は拡充していきます。詳細は当社営業にお問い合わせください。)

  • IPCOM EXシリーズ(富士通)
  • FortiGateシリーズ(Fortinet社)
  • PAシリーズ(PaloAlto社)
  • Firebox/XTMシリーズ(WatchGuard社)

提供イメージ図

特長

24時間365日

お客様自身での実施が困難な24時間365日の監視体制を提供し、異常の早期通報を実施します。

セキュリティエンジニアによる運用支援

お客様環境へのサイバー攻撃の傾向や特徴を可視化し、脅威に対抗するポリシー適用や対策立案を支援。導入後も、定期的にログ解析を実施し、常にお客様環境における最適状態を維持します。

様々な製品に対応

IPCOM(富士通)だけでなく、FortiGateシリーズ(Fortinet社)やPAシリーズ(PaloAlto社)など、多彩なベンダー製品に対応します。

メニュー体系

カテゴリ メニュー 実施内容
運用 初期導入作業 お客様に合わせた初期ポリシーを作成
基本
  • システム稼働監視/本体の性能管理
  • 機器に関する問合せ窓口提供
  • 月次報告書(対応履歴)の提供
オプション 脅威監視(注)
  • イベントログの監視および早期通報
  • ポリシーに反するアプリケーションの監視/通報
  • 脅威監視レポート(統計情報)の提供
分析レポート(注) 毎月のイベントログを当社技術員が分析・レポーティング
リモート運用支援(注)
  • 定期、不定期のポリシー変更
  • パッチの適用代行
バージョンアップ(注) 作業員の立会を要するバージョンアップの作業代行
スポット アセスメント 一定期間(1週間から4週間)の通信ログから、統計・分析コメント付きレポートを発行。脅威となる通信の有無について分析し、環境の最適化を提案
  • 基本サービスのご利用を前提とした、オプションです。

関連する情報

経産省「情報セキュリティサービス基準」への適合について

本サービスは、経産省「情報セキュリティサービス基準」への適合を審査登録機関(注2) に認められたサービスとして、IPA(独立行政法人情報処理推進機構)が公開している「情報セキュリティサービス基準適合サービスリスト」に掲載されています。(2019年3月登録)

  • 注2
    審査登録機関:特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会


018-0054-40

情報セキュリティサービスマーク

お問い合わせ

ページの先頭へ