LIFE ~健康経営~

当社は、社員一人ひとりが、心身ともに健康で、元気に生き生きと働ける会社を目指しています。

富士通エフサス健康活動方針

当社はFUJITSU Wayの企業理念実現をめざし、社員の『健康』を経営課題と位置づけ、「富士通グループ健康宣言」のもと「富士通エフサス健康活動方針」を制定。従来より推進している安全衛生活動を基盤に、社員一人ひとりが心身ともに健康で、元気にいきいきと働ける職場づくりを目指します。

《重点活動項目》

エフサスの現状に照らし、以下の4点に重点をおき、活動を進めていきます。

  1. 自らの健康意識の向上
    まずは自ら行動を起こして、健康維持増進に取り組むことが重要です。一人ひとりの自律した健康管理を積極的に支援します。
  2. 生活習慣病対策
    自らの健康状態を把握することは健康管理の基本です。健康診断の受診を徹底します。
    健康的な生活を送るために生活習慣の見直しを行うべく、産業保健スタッフによる特定保健指導を強化します。
  3. メンタルヘルス対策
    こころの不調には早期発見・早期治療が重要です。ストレスチェック等を活用し、早期に気づき、対応します。
    セルフケア・ラインケアを強化し、こころの不調にならないよう未然防止に取り組みます。
  4. 喫煙対策
    喫煙が健康に及ぼす影響は医学的に立証されています。喫煙者には禁煙・減煙に向けたサポートを行います。
    喫煙者と非喫煙者が、お互いに気持ちよく働くことのできる環境づくりを推進します。

推進体制

  • CHO(従業員の健康保持・増進の最高責任者)を設置
  • 健康推進・安全衛生委員会を設置(下部組織として、右図のとおり、各種小委員会を設置)
  • 産業医、保健師
  • 人事統括部(事務局)

健康推進・安全衛生に関する当社状況・課題・施策については、取締役の参加する経営幹部会で定期的に報告しています。

重点活動項目

1.自らの健康意識の向上

  • 産業医からの健康増進情報の発信
  • 楽しみながら、生活習慣改善・健康増進の取り組み「健康マイレージ」や「みんなで歩活」の実施

2.生活習慣病対策

  • 定期健康診断・生活習慣病健診の受診率100%を目標
  • 特定保健指導の対象者に対する生活習慣の改善指導の強化
  • メタボ対策セミナーや生活習慣病に関するe-learningによる予防強化
    (メタボ該当者2%減少)

3.メンタルヘルス対策

  • ストレス診断の確実な実施によるセルフケアの充実。さらに全社社員意識調査により、職場の課題抽出と解決に向けたワークショップを実施
  • 幹部社員に対するメンタルヘルス教育の実施し、ラインケアの強化
  • 就業データの活用によるメンタル不調者の早期発見

4.喫煙対策

喫煙者に対する禁煙・減煙に向けたサポートの強化

  • 禁煙セミナー
  • 2020年4月より就業時間内禁煙、10月より全社全面禁煙
    (社内喫煙所閉鎖により喫煙率減少を目指す)
  • 健康管理スタッフによる禁煙サポートプログラム

従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人として、「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。

富士通エフサス公式チャンネル富士通エフサスは川崎フロンターレを応援しています!FSAS Portal For cloud

ページの先頭へ