FUJITSU Managed Infrastructure Service 運用改善支援サービス

運用改善支援サービス

ITIL®に基づきお客様システムの現状運用を評価し改善ポイントを明確化

ITIL®に基づきお客様システムの現状運用を評価し改善ポイントを明確化

概要

運用・管理業務における体系的なガイドラインとして、ITIL®(IT Infrastructure Library)で提唱されている運用改善手法を基に、サービスマネージャーが様々な角度からお客様の運用業務を調査。その調査結果から最適で効果の高い具体的な改善策の提案や運用基準を文書化し、標準化します。

お客様の課題

  • 個々の業務が属人化し、特定の運用担当者がいないと業務が回らない。
  • システムが乱立し、複雑化しているため、トラブル発生時の原因究明に時間を要する。
  • 長期的な運用改善を考えているが具体化できない。

特長

ITIL®に基づく運用プロセス成熟度を
5段階評価

ヒアリングシートを用いて、お客様システム運用の現状レベルを確認。ITIL®に基づく富士通独自の評価ツールにより、運用プロセス成熟度を5段階で評価します。

現行運用とあるべき姿の
ギャップを分析

お客様が期待される運用業務改善の目標レベルを設定し、調査した運用の現状レベルと目標レベルの差異を明確化します。

目標レベル達成に向けた
改善策の提案と実施支援

現状運用の課題と、具体的な改善策を検討し、「運用改善企画書」として提案します。

サービス内容

  • 企画
    お客様のIT運用における現状をITIL®に基づき評価し、改善ポイントを明確化
  • 設計
    運用効率化・安定化の実現に必要なドキュメントをITIL®に基づき作成
サービス内容

メニュー体系

フェーズ サービス概要
企画 現状調査
  • 運用の詳細調査
現状分析
  • 問題点の抽出
  • 改善策検討(GAP分析)
改善検討
  • 評価指標の設定
  • 適用計画立案
  • 改善企画書の提示
設計 運用計画
  • プロセス定義
  • 運用フロー見直し
  • 各種手順書整備

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ