パソコン運用支援ソフト

FUJITSU ビジネスアプリケーション 瞬快

シュンカイ
重要なお知らせ
  • 2021年12月1日

      「Windows 10 Version 21H2 (November 2021 Update)」への対応について
        「Windows 10 Version 21H2」については「瞬快Ver.11.5g」以降および「瞬快Ver.12初版」以降にてサポートします。
        「Windows 10 Version 21H2」環境では「瞬快Ver.11.5f」以前の製品は正常動作しません。


  • 2021年11月26日

      年末年始の営業時間のお知らせ
        瞬快サポートセンターの年末年始の営業時間は以下のとおりです。

    • 2021年12月28日(火) 9時から12時まで営業
    • 2021年12月28日(火)12時から2022年1月3日(月)まで休業
    • 2022年1月4日(火)以降、平常どおり営業

        ご不便をおかけいたしますが、年末年始期間中のお問合せはお問い合わせページからご連絡いただきますようお願いいたします。
        年末年始期間中にいただきましたお問合せに対する回答は2022年1月4日(火)以降となりますので、ご了承ください。


  • 2021年11月25日

      「Windows 11」リリースに伴う瞬快の対応について
        「瞬快Ver.13」にて「Windows 11」に対応する予定です。
        出荷開始時期としては、2022年5月を予定しています。



  • 2021年10月19日

      問い合わせ用チャットボットのトライアルを終了させていただきました。


  • 2021年9月17日

        「Trend Micro Apex One 2019」の「ビルド 9565 ~ 9645」との連携における注意事項

        瞬快にて連携可能なウイルス対策ソフトとして、従来、「Trend Micro Apex One 2019」を対象にしておりましたが、「Trend Micro Apex One 2019 Patch5 (ビルド 9565)」より、「不正変更防止サービス」を無効にしても、クライアント側にて当該サービスプログラムが停止しない状況になっています。
        このことにより、2021年9月16日現在の瞬快の仕様では、次の製品と連携できないことを確認しています。

    • Trend Micro Apex One 2019 Patch5 (ビルド 9565)
    • Trend Micro Apex One 2019 Critical Patch (ビルド 9601, 9645)

        当問題に対しては瞬快クライアントインストーラの版数アップにて対応しました。
        版数アップ版の適用に際しては幾つかの注意事項がありますのでこちらのページをご確認ください。



パソコン環境を瞬時に快適化
スタンドアロン運用から大規模ネットワーク環境までをカバー

  • 大量のパソコンを維持・管理していく上で発生する
    様々な作業を効率化します
  • 導入展開時・運用中・廃却時の各フェーズに合わせて
    便利な機能が用意されています

瞬快の機能

瞬間復元で正常環境を維持

利用者が自由にパソコンの環境を変えても、再起動するだけで自動的に正常な環境に復元します。トラブルの未然防止に役立ちます。

  • ウイルス対策ソフト、スパイウェア対策ソフトとの連携
    瞬間復元を行っても、ウイルス対策ソフトやスパイウェア対策ソフトのパターンファイルなどは最新の状態を維持します。
  • 個人設定情報の維持
    IMEやIEのお気に入りなど、個人設定情報の状態を維持します。

Windowsアップデートの自動化

WSUS(Windows Server Update Services)およびMicrosoft社アップデートサイトと連携し、セキュリティパッチ適用作業の省力化を図ります。スケジュール設定による実行、または即時実行を実施することで最新のHotFixを自動適用できますので、管理者の負荷を大幅に軽減します。瞬快瞬快コンソールからの一括適用処理ができない環境でも、クライアントからのアップデート処理が可能です。

リモート管理/保守(パソコン一括管理)

運用状況に合わせた自由なグループ構成(階層化可)とパソコン検索機能によりスムーズなパソコン管理を実現します。

パソコンの省電力に関するポリシーが設定でき、作業時間帯に応じて一定時間無操作の場合には「スタンバイ」への移行、電源OFFなどの動作を指定できます。 また、離れた場所にある複数のパソコンに対して、リモート制御による一斉作業を実施できます。(スケジュール実行可能)

リモート管理/保守(リモート画面操作)

リモートマシン上の画面から複数パソコンの画面を一覧表示し、各利用状況をリアルタイムに確認できます。

画面の表示方法はL字型表示、パネル型表示、レイアウト表示を選択できます。 また、複数パソコンに対して遠隔から一斉操作を行うことができます。

一斉操作ができる項目一覧

  • 遠隔操作
  • 電源ON/電源OFF/再起動
  • ログオン/ログオフ
  • メッセージ送信
  • ドラッグ&ドロップによるファイルのコピー、対象ファイルの指定による回収
  • 画面転送(特定のパソコン画面を他のパソコン画面に表示)

利用情報収集

各パソコンの利用情報を収集/集計できます。 収集した情報を蓄積・グラフ化することにより、各パソコンの利用状況を分析することができます。 (パソコン稼働時間、電力消費累計を電力量/CO2排出量/原油量などに換算して見える化が可能)

棚卸し

各パソコンの所在/状況確認を瞬快コンソールから簡単に行えます。
リモートから指示を行い、各パソコンの管理項目(管理部門、管理者名、設置場所、棚卸実施者など)を通知させることができます。 長期間アクセスのない機器、存在が確認できない機器などを発見した場合は、管理者へ通知します。

ディスクイメージ配信

雛形となるパソコンのディスク環境(ディスクイメージ)を一斉配信することで、複数のパソコンのセットアップ作業を高速かつ正確に実施できます。

ディスクイメージ配信後、自動で個別の環境設定をすることができます。 操作はネットワーク経由で行うことができ、各パソコン上での操作は一切不要です。

資源配付

ファイルやフォルダを配付する場合や、ソフトウェアのバージョンアップ/レベルアップを行う際など、パソコン環境の変更要求に対して、一斉に自動更新を実施することができます。 また、更新後に問題が生じていないかを確認するためのテスト配付機能があり、万が一問題が発生した場合でも、簡単に更新前の状態に戻すことができます。

ハードディスクデータの消去

パソコンの廃却/リース返却時に、ハードディスク内のデータを一斉に消去します。 一台ごとでなくリモートで一斉に複数台まとめて消去することができます。 消去レベルは4段階から選択でき、米国国防省方式に準拠した高度なレベルの消去方式まで対応できます。 消去結果はファイルで出力することもできます。

パソコンの統合管理を実現

スタンドアロン運用から大規模ネットワークまで、瞬快がお役に立ちます。

瞬快に関するお問い合わせ

ページの先頭へ