Skip to main content

Fujitsu

Japan

瞬快 ウイルス対策ソフト連携

ウイルス対策ソフト連携とは

ウイルス対策ソフト連携とは、OSの再起動時、瞬快の復元機能が動作している場合でも、以下に挙げたウイルス対策ソフトの環境が復元されることなく、アップデートされた最新のパターンファイルで運用することができることを言います。
その他、瞬快コンソールからクライアントのウイルスパターンファイルのバージョン情報を参照できます。

ただし、ウイルス対策ソフトによってはウィルスパターンの更新にあわせてプログラムモジュールの追加や変更などが実施される場合があります。

このようなウイルス対策ソフトの仕様変更に伴う環境変更に関して、ウィルス対策ソフト連携機能はウイルス対策ソフトの動作を保証するものではありません。

例: McAfee社Managed Virusscanから
Managed Virusscan plus AntiSpywareへのアップデートなど

サポート対象のウイルス対策ソフト一覧

ウイルス対策ソフト連携サポート対象となるウイルス対策ソフトは、瞬快のバージョンにより異なります。

下記の一覧にてサポート対象となるウイルス対策ソフトをご確認ください。

サポート対象として記載されていないウイルス対策ソフト等の利用

「サポート対象」として記載のないウイルス対策ソフトがインストールされたPCに対して、瞬快クライアントの復元タイプをファイル・フォルダ単位でインストールした場合、弊社では動作保証いたしません。
「サポート対象」として記載のないウイルス対策ソフトをご利用になる場合は、瞬快クライアントの復元タイプをパーティション単位に設定した上で、お客様にて動作をお確かめください。

ウイルス対策ソフト連携の注意事項・関連情報

ウイルス対策ソフトとの連携機能においては、各ソフト側の機能制限を必要とする場合がございます。 当社製品との共存利用における留意事項および機能制限に関する情報をあらかじめご確認のうえ、ご導入を検討ください。
ウイルス対策ソフト側の機能制限等により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます。

ウイルス対策ソフト連携に関する注意事項/関連情報については、以下を参照してください。

注意事項

関連情報