ソリューション

経営改革を実現する製造DXテーマとソリューション体系

富士通は、ものづくり領域の必要なソリューションを組み合わせることにより、経営改革テーマ(製造DX化)を実現します。富士通の “ものづくり”ノウハウにより、特に製造ソリューションに積極的に取り組み、高い付加価値をご提供します。

経営改革を実現する製造DXテーマとソリューション体系

Detail Scheduling Template 生産計画Actual Costs Template 実際原価Mass Customization Template 受注生産SAP Integrated Business Planning(IBP)AnaplanGLOVIA smart PROFOURSCOLMINA PSICOLMINA スケジューラSAP S/4HANA® Manufacturing for Production Engineering and Operations(PEO)mcframe 7 SCMGLOVIA ProcessC1SAP® Portfolio and Project Management(PPM)COLMINA MESCOLMINA MES Smart Shop-FloorSAP® Digital Manufacturing Cloud(DMC)OpcenterSAP ERP

ERP補完モデル(On Top of ERP)

ERP補完モデルとは、SAPを柔軟に使うために最適なAdd-Inソリューションです。
ご提供するソリューションFujitsu Application for SAP® Solutionsは、グローバルで導入実績が豊富なSAP製品に、自ら製造業である富士通のノウハウを活かし、補完機能を組み込んだテンプレート群です。
生産管理、原価管理、生産計画管理などの業務向けAdd-Inソリューションです。

製品ページ

Fujitsu Application for SAP® Solutions Detail Scheduling Template 生産計画

  • 計画の高度化

2023年3月出荷予定
複雑かつ高度化するサプライチェーンのヒト・モノ・コトの情報をDetail Scheduling Template でつなぎ、コントロールすることで、日々変化する市場ニーズに対応が可能となります。過去実績データを活用したマスタ自動生成や、各種制約を考慮した計画の自動最適化など、人工知能(AI)を搭載した機能により、業務効率化だけでなく、お客様の迅速な意思決定を支援します。

製品ページ

Fujitsu Application for SAP® Solutions Mass Customization Template 受注生産

  • 生産・原価の高度化

富士通のシステム構築経験と強み、ノウハウを結集したFujitsu Application for SAP Solutions Mass Customizationは、SAP S/4HANA導入済・ご検討中の製造業のお客様に、製造現場の煩雑な業務を柔軟性高くより効率的にサポートするユーザビリティを提供することで、フロント業務の負荷軽減や業務の短サイクル化など、頻繁な顧客要求に迅速に応え、お客様の"マスカスタマイゼーション"対応を実現します。

製品ページ

Fujitsu Application for SAP® Solutions Actual Costs Template 実際原価

  • 生産・原価の高度化

2022年8月2日に出荷開始
プロセス産業は、より付加価値の高い機能性製品が求められており、製品の正確な製造原価・損益把握は企業経営にとって不可欠です。
SAP ERP(CO)での迅速な原価・損益把握に加え、Actual Costsでは、月次実際原価計算による正確な原価・損益把握を実現します。プロセス産業の特性である、原料価格の変動や、指図通りにならない製造実績の把握には、きめ細やかな実際原価テンプレートをご活用下さい。

製品ページ

製造特化ソリューション(製造業務領域)

製造系業務に特化した業務領域を担うソリューション群です。

デジタルサプライチェーン SAP Integrated Business Planning(IBP)

  • 計画の高度化

SAP Integrated Business Planning(IBP)は、需要予測・販売計画、在庫最適化、供給計画・生産計画およびサプライチェーンの可視化・監視などの機能で構成された、SAP HANAプラットフォームのサプライチェーン計画ソリューションです。SAP S/4HANAと統合することで、マーケティング・販売・調達・生産・物流からリアルタイムに需要と供給における各種実績情報を入手し、サプライチェーン全体に伝播させて需給バランスを実現することができます。

製品ページ

Anaplan

  • 計画の高度化

Anaplanはあらゆる企業/組織において、データ・人・計画をつなぎ、コネクティッドプランニングを実現するクラウドプラットフォームです。
サプライチェーンマネジメントの各分野においても、あらゆる計画業務の飛躍的な効率向上をご支援いたします。

Anaplan

製品ページ

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart PROFOURS

  • 計画の高度化

GLOVIA smart PROFOURS は、販売・需給・製造・調達などあらゆる業務におけるプランニングを統合的に管理し、キャッシュフローの改善、生産性や調達精度の向上、在庫適正化、製造現場の効率化による経営効果の最大化に貢献します。

製品ページ

FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA PSI

  • 計画の高度化

COLMINA PSI/スケジューラは、製造現場の実態をタイムリーに把握し、ものづくりの『効率化』、『スピード化』、『ローコスト化』に寄与できる戦略的製造管理システムです。組立加工業向けに最適化したスケジューラ機能を持ちCOLMINA MESと連携することで、計画立案から製造指示、実績管理までの一貫した製造管理の実現を支援します。

製品ページ

FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA スケジューラ

  • 計画の高度化

COLMINA PSI/スケジューラは、製造現場の実態をタイムリーに把握し、ものづくりの『効率化』、『スピード化』、『ローコスト化』に寄与できる戦略的製造管理システムです。組立加工業向けに最適化したスケジューラ機能を持ちCOLMINA MESと連携することで、計画立案から製造指示、実績管理までの一貫した製造管理の実現を支援します。

製品ページ

エンジニアリング製造実行 SAP S/4HANA® Manufacturing for Production Engineering and Operations(PEO)

  • 生産・原価の高度化
  • 製造現場の高度化

SAP S/4HANA® Manufacturing for Production Engineering and Operations(以下「PEO」)は技術部門と製造現場管理の情報を垂直統合し、設計の情報を確実に伝達します。また現場の精緻な情報を電子化する事で、顧客市場変化に伴うマスカスタマイゼーションと、製造現場における厳格な品質マネジメントに迅速に対応する設計・製造統合ソリューションです。

製品ページ

mcframe 7

  • 生産・原価の高度化

mcframeは1996年の誕生以来、製造業様の生産管理や原価管理活動を支える基幹システムとして、お客様とともに成長してきました。mcframe 7は、多くの導入プロジェクトや運用経験からのフィードバックを集約し、業務に最適なシステムをデザインしています。
「生産管理」「販売管理」「原価管理」などの各種業務遂行だけでなく、マスタの改廃やグループ企業の統廃合などバリューチェーンの変化に追従できる柔軟さを備えながら、ユーザーにとって使いやすいシステムを提供しています。

mcframe

製品ページ

FUJITSU Enterprise Application GLOVIA ProcessC1

  • 生産・原価の高度化

GLOVIA ProcessC1は、プロセス産業(※)における多くのお客様のシステムを開発してきた経験とノウハウをもとに、日本のプロセス産業に特化し、不可欠な機能を集約したパッケージであり、全社の実績情報を統合化することにより、戦略的な経営マネジメントと効率的な現場業務を支援します。
※化学工業、パルプ・紙製造業、窯業・土石製品製造業、石油製品・石炭製品製造業、食料品製造業、飲料・飼料製造業など

製品ページ

ポートフォリオ・プロジェクト管理 SAP® Portfolio and Project Management(PPM)

  • 生産・原価の高度化

SAP® Portfolio and Project Management(PPM)は、企業を構成する研究開発・新製品開発・社内投資などの事業体をマネジメントするポートフォリオ管理と、事業体内の企画立案から完了までをマネジメントするプロジェクト管理機能により、経営レベルが参照する情報からプロジェクト担当者が実行するタスク情報までを一元管理するポートフォリオ・プロジェクト統合管理ソリューションです。

製品ページ

FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA MES

  • 製造現場の高度化

COLMINA MESは、生産活動の密な情報連携を実現する製造現場管理システムです。
今まで疎統合であった工場、本社、市場、取引先それぞれの製造ネットワークをつなぐだけでなく、それらのつながりから得た断片的な情報を一元管理し、他のつながりへとその情報を活かす「循環する"つながり"」を実現します。

製品ページ

製造実行 SAP® Digital Manufacturing Cloud(DMC)

  • 製造現場の高度化

デジタルサプライチェーン全体にわたって設備、人員、オペレーションをつなぎ、製造と業務を密接に統合することによって、すべての現場でグローバルな⾒える化と分析を実現します。
経営現場で正確な情報をリアルタイムに共有し、すばやく判断することが可能となります。

製品ページ

Opcenter

  • 製造現場の高度化

組立・プロセス業を対象とした製造オペレーション管理システムです。
特に設計と製造をデジタルでつなぐことをコンセプトに、設計から現場まで同じ情報をつなぎ、現場での問題点を設計にフィードバックすることができるソリューションです。
また、製造業向けソリューションおよびサービス「COLMINA(コルミナ)」とも組み合わせて提供が可能です。

製品ページ

ERPソリューション(コア業務領域)

経営資源を効率的に最適化する基幹業務ソリューションです。

SAP ERP

  • 生産・原価の高度化
  • 計画の高度化
  • 製造現場の高度化

SAP ERP とは、エンタープライズリソースプランニングを意味し、経理・財務、製造、人事、サプライチェーン、サービス、調達・購買などの部門のコアプロセスを、単一システムで実行できるよう支援します。SAP ERP ソリューションは、インテリジェントテクノロジーにより、どんな規模のお客様に対しても、ミッションクリティカルなプロセスの変革、そして環境変化への迅速な対応を支援します。継続的に更新して最新の状態を保つほか、容易な拡張、コストの削減、さらなる効率向上を可能にします。

製品ページ

製品物流
SAP Transporation Management(TM)

  • 生産・原価の高度化

SAP Transporation Management(TM)とは、SAP の輸送管理ソフトウェアでネットワーク全体でフリートおよびロジスティクス管理を統合して、輸送の複雑さを大幅に軽減することができます。
オーダーを統合し、輸送費の利益率を最大限に高めます。需要および出荷量を正確に予測して、輸送計画を微調整することができます。運賃、フリート、ロジスティクスの管理を強化し、すべての輸送モードや業種を横断して国内外の輸送をリアルタイムで把握できます。

構内物流
SAP Extended Warehouse Management(EWM)

  • 製造現場の高度化

SAP Extended Warehouse Management(EWM)では、柔軟性の高い自動化された機能により、複合倉庫における各種在庫移動処理と在庫管理に対するサポートが提供されています。これにより、倉庫でのロジスティクスプロセスすべての処理を、計画に基づいて効率的に行うことを可能とするソリューションです。複合倉庫全体を、システム内で棚番レベルまで詳細にマッピングするオプションが用意されており、倉庫内の製品の合計数量の概要がわかるとともに複合倉庫内で特定の製品が特定の時点で存在する正確な場所を把握することができます。EWMでは、さまざまな棚番や在庫移動の使用を最適化したり、複数のプラントからの在庫をまとめてランダム管理倉庫に保管したりすることができます。また、EWM を使用すると、倉庫内の各種プロセスの制御と最適化も可能となります。

製造実行
SAP® Manufacturing Execution(ME)

  • 製造現場の高度化

製品ページ

現場見える化
SAP® Manufacturing Integration and Intelligence(MII)

  • 製造現場の高度化

製品ページ

プロジェクト管理 Project System(SAP PS)

  • 計画の高度化

SAP プロジェクトシステム(PS)は、プロジェクトおよびポートフォリオ管理を実行するSAPの主要なモジュールの1つです。 構成から計画、実行、プロジェクト完了までのプロジェクトライフサイクルの管理に役立ちます。 プロジェクトシステムは、在庫/購買管理、販売管理、プラント保全、生産計画/管理モジュールなどの他のSAPモジュールと密接に統合されています。SAP プロジェクトシステム(PS)は大規模および小規模のすべてのプロジェクトを効率的に管理できます。 プロジェクトマネージャーには、これらのプロジェクトが予算と時間内に実行されるようにし、要件に従ってプロジェクトにリソースが割り当てられるようにするタスクがあります。プロジェクトを開始する前に、プロジェクトの目標を明確に定義し、活動を構成する必要があります。SAP プロジェクトシステム(PS)と他のSAPアプリケーションモジュールの統合により、通常のプロジェクト手順の一部としてプロジェクトを設計、計画、および実行できます。 したがって、PSモジュールには、プロジェクトに関係するすべての部門への常時データアクセスがあります。

生産計画・管理 SAP Production Planning and Control(SAP ERP-PP)

  • 生産・原価の高度化

SAP PP(Production Planning and Control)とは、生産計画/管理モジュールのことです。具体的には、得意先からの受注や需要見込から生産計画(MPS/MRP)を実施します。生産計画実施により、製品・半製品をいくら生産するのか、原材料をいくら発注するのかを算出し、それぞれ製造指図・発注依頼に変換します。その後、製造指図に基づいて生産を実施し、実際に製品・半製品がいくらできたか(入庫)、半製品・原材料をいくら使ったか(出庫)、作業にいくら時間がかかったか(作業完了確認)といった製造実績を製造指図に対して入力していきます。製造実績を正確SAP PPを使うことにより、正確な生産計画・在庫管理・原価管理をすることができるようになります。に入力することにより、リアルタイムで精度の高い在庫管理ができます。また、実際に製造でかかったコストをSAP CO(原価管理)に連携することにより、製造原価を把握できます。

在庫/購買管理 Material Management(SAP MM)

  • 生産・原価の高度化

SAPシステムは各種のコンポーネントで構成されており、それらのコンポーネントが完全に統合されています。この統合により、企業の各部門とユニットが同一の情報を共有し、保持することができます。SAP MM(Material Management)は、在庫/購買管理(MM)のコンポーネントです。在庫/購買管理(MM)モジュールは、SAP システムの他のモジュールと完全に統合されています。在庫/購買管理の全フェーズ(品目計画/管理→購買管理→入庫、在庫管理→請求書照合)と いったプロセスを実現します。具体的には、仕入先への発注依頼・購買発注、モノの入庫、仕入先から届いた請求書の確認(請求書照合)といった機能を有し、請求書照合情報をSAP FI(財務会計)に連携し、仕入先への支払処理をします。また、SAP MMは在庫管理機能も有しており、今会社のそれぞれの保管場所に在庫がどれくらいあるか、プラントごとの在庫資産はいくらあるのかという管理ができます。在庫の入出庫に合わせて、在庫資産が増減します。その在庫資産増減のときに、どのような会計仕訳を起こすのかを「移動タイプ」という入出庫の種類を選択し、自動で会社に合わせた仕訳を起こすことができます。

販売管理 SAP Sales and Distribution(SAP SD)

  • 生産・原価の高度化

SAP ERP のSD(Sales and Distribution)は、販売管理用のモジユールです。 販売サポート、受注、出荷指図、請求といった領域で標準的な業務処理を提供しています。具体的には、得意先からの見積・受注、モノの出荷、得意先への請求といった機能を有し、請求情報をSAP FI(財務会計)に連携し、売上計上をします。特殊な販売プロセスにも対応しており、返品の場合は、返品受注→入荷→請求取消というようなプロセスや、モノを扱わないサービス業の場合、受注→請求というプロセスにも柔軟に対応できます。SAP SDでは受注・出荷・請求のどのプロセスでも帳票(貿易帳票・請求書など)を発行することができるため、販売業務の改善が見込めます。また同じ品目でも得意先ごとに販売価格を変えたい場合、販売数量によってディスカウントしたい場合など、企業の価格決定コンセプトに合わせて、柔軟に価格を決定できる機能も有しています。

管理会計 SAP CONTROLLING(SAP CO)

  • 生産・原価の高度化

SAP CO(Controlling)とは、管理会計モジュールのことで、原価を管理するモジュールです。
CO(管理会計)の役割は主に経営層向けに意思決定に関する役立つ情報を提供します。
管理会計によってビジネスプロセスが数字で見えるかされ、組織の中の調整・最適化・管理が容易になります。

プラント保全 SAP Plant Maintenance(SAP PM)

  • 製造現場の高度化

SAP Plant Maintenance(SAP PM)アプリケーションコンポーネントは、実行されるすべてのメンテナンスアクティビティのためのツールを組織に提供します。 メンテナンスの下で実行されるすべてのアクティビティは相互接続されているため、このモジュールは他のモジュール(生産計画、資材管理、販売管理)と密接に統合されています。
SAP PMを使用して、自動修復を実行し、組織内の保守要求を促進できます。 SAPシステムで問題を記録し、労働および物質活動を計画し、コストを記録および決済することができます。
組織では、問題を特定、文書化、管理し、必要な資産のエンタープライズ資産管理を実行できます。これらのアクティビティを実行するために、プラント保守には次のサブモジュールが含まれています。

  • 技術対象および設備マスタレコードの管理。
  • メンテナンスタスクの計画。
  • メンテナンスオーダー管理の下でワークフロー通知と作業オーダーを管理します。

品質管理モジュール SAP Quality Management(SAP QM)

  • 製造現場の高度化

SAP Quality Management(QM)とは、品質管理モジュールのことです。単体で使用することは無く、SAP資材管理(MM)、生産計画(PP)、プラント保全(PM)などの他のSAPモジュールと統合されています。 QMはロジスティック管理の不可欠な部分であり、品質計画、品質保証、品質管理などの品質機能を、入荷材料段階、インプロセス製造プロセス段階、生産後などのさまざまな段階で実行するために使用されます。

SAP製造業ソリューションのサービス

SAP製造業ソリューションのサービス

SAP製造業ソリューション

GLOVIA製造業ソリューションのサービス

GLOVIA製造業ソリューションのサービス

GLOVIA製造業ソリューション

製造業向けSCM/ERP/MESソリューションに関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200

(通話無料)

受付時間:平日9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ