GTM-MML4VXJ
Skip to main content

オールフラッシュの現状とETERNUS NR1000A seriesのご紹介

サーバやクライアントが混在する複雑なネットワーク上で卓越したパフォーマンスを発揮するオールフラッシュとは

掲載日: 2017年10月4日

ビジネスモデル変革への取り組みや市場における競争優位の確立を目指す企業にとって、他社との差別化を促進する先進的かつ柔軟な技術と環境整備への対応が求められています。こうした課題の解決には「オールフラッシュ」が最適です。

オールフラッシュ最新動向

オールフラッシュは、かつて性能課題の解決など特定用途向けに導入されてきました。目覚ましい技術革新によって低コスト化や信頼性/高可用性の両立が進み、現在では主要なストレージとして注目されています。HDD(SASなど)ベースの従来型システムと比較して、低消費電力、省スペース、ハードウェア台数の削減などが可能なため、ICTインフラの導入/構築パターンの変革をはじめ、様々なワークロードで広く適用されはじめています。

フラッシュの技術革新

抜群の信頼性と、コストパフォーマンスに優れる、NR1000A series

フラッシュに特化したETERNUS NR1000A seriesは、複雑なネットワーク上で、業務処理のスピードアップに高い適応力を備えつつ、「データの有効活用」を主眼としています。さまざまな機能を組み合わせ柔軟性・即応力を備えるETERNUS NR1000A seriesをご提案します。

オールフラッシュ、ETERNUS NR1000A seriesの特長

より速く!

  • HAペアあたり60万IOPS:ユニファイド環境でも最適
  • 半分のレイテンシで2倍のIOPSをOracleデータベースに提供
  • 40GbEと32Gb FC接続を業界で初めてサポート

より使いやすく!

  • コンパクト設計で省電力、省スペースを実現
  • セットアップは10分、SAP HANA環境も対象に
  • NR1000 A700はモジュラ設計により保守性が向上

より柔軟に!

  • マルチストリーム書き込み(MSW)SSDをサポート
  • 新たなADP(Advanced Drive Partitioning)方式の採用で使用可能容量が16.7%増大、さらに全モデルで15.3TB SSDをサポート
  • ソフトウェアによる暗号化
  • 拡張性にきわめて優れたNASコンテナ

さらに!フラッシュ容量効率化技術による効果!

  • 導入費用はもちろんライフサイクルを通して運用費用も大幅に削減

    【3つの効率化機能による効果例】
    ①インライン重複排除  ②データ圧縮  ③データコンパクションを活用し、必要なデータ容量500TBによる比較

フラッシュ製品ラインナップ -NR1000A/NR1000F series-

NR1000A/NR1000F seriesは実績あるONTAPを採用しており、CIFS/NFSのNASプロトコルに加え、データ圧縮/重複排除などデータ効率化機能を基本機能として利用可能です。

これにより仮想化環境やファイルサーバ統合において、性能を確保しつつ容量削減や効率的な運用を実現します。さらに全機能のライセンスが含まれたFlash Bundle制御機構を選択いただければ、FlexCloneやF seriesとのSnapMirrorによる高い事業継続性や災害対策ソリューションもご利用いただけます。

NR1000A series
オールフラッシュ

A200

A300

A700
NR1000F series
ハイブリッド

F2620 / 2650

F8200

F9000
パフォーマンス 最大3倍のパフォーマンスを達成(従来モデル比) 最大1.5倍のパフォーマンスを達成(従来モデル比) 最大1.5倍のパフォーマンスを達成(従来モデル比)
経済性 本体内蔵ドライブ搭載により2U構成からのスモールスタートが可能 従来のハイエンドモデルに近い高性能をコンパクトに提供 高性能と共に高信頼性を提供、TCOの削減
スマート フラッシュや仮想環境など変化するニーズに対応 柔軟なスケールアウト、スケールアップに対応 柔軟なスケールアウト、スケールアップに対応
さらに!No.1 ストレージOS「ONTAP」が利用可能
  • 25年の歴史を持つONTAPはフラッシュにも最適
    • SSDの特性にあったWAFL
    • NR1000A/NR1000F seriesはフラッシュに最適化
  • ONTAPはデータ効率化機能のパイオニア
    • 業界初プライマリーストレージで重複排除を実装
  • 真のユニファイドストレージ
    • CIFS、NFSだけではなく、iSCSI,FC,FCoEも1台で
    • 仮想化、ファイルサーバ、DBなどを全て1台で
  • オールフラッシュにスケールアウトアーキテクチャは必須
    • IOPSがもともと高いSSDはシェルフをたくさん増やしてもパフォーマンスは伸びない
    • NR1000A/NR1000F seriesはQoS機能でマルチテナント環境でも安心して利用できる
  • ONTAPの豊富な機能がフル装備
    • Snapshot, SnapMirror, FlexCloneはONTAPの最強機能
    • FlexGroup, FabricPoolなど新しい機能も次々と実装

評価用貸出機のご案内

NR1000A/NR1000F seriesの導入をご検討・ご購入いただいているお客様向けに、装置貸出しを行っております。
装置貸出しのご依頼や貸出可能機種については当社担当営業までお問い合わせください。

関連ページ一覧

関連情報

NAS製品にハイエンドモデルが登場
柔軟性・即応力を備えたハイエンドモデルが加わりラインナップ一新

ETERNUS NR1000A seriesにエントリーモデルが新登場
初めてSSDを使ってみたい人のベストプラクティス!

NAS製品 導入事例ナビ
NAS製品の導入事例を、お客様の声とともにご紹介します

遠隔地バックアップソリューション
「DRサービス for NetApp」ソリューションをご紹介します

まるわかりストレージ無料ダウンロード 旬なキーワードやETERNUS導入事例をまとめたストレージ読本をプレゼント!

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS