20分の動画で学べる!データドリブン経営

企業におけるデータ活用の最新事例! 変革に必要な3つのRealとは?

DX・データドリブンマネジメントが思うように進まないのはなぜか、推進にあたっての課題は何か、皆さまがデータ活用の重要性を再認識し、実践していくヒントが富士通にあります。経営を始め、企業活動のあらゆる領域で変革を必要とする企業のみなさまへ道筋を示します。

①データを起点に変革力・成長力を生み出すデータドリブンマネジメント

企業に求められる経営の在り方が大きく変わっている今、リアルタイムにデータを集め、ファクトベースで素早く最適な意思決定を行うことが必要とされています。ここでは富士通のデータドリブンの考え方と、先進テクノロジーを取り入れたデータ利活用の新しい枠組みが議論されている欧州で、富士通が挑戦・実践して得たベストプラクティスをご紹介します。

  • 01分01秒 富士通の考えるデータドリブンのアプローチ
  • 02分35秒 データを活用した経営・業務・業界の
    変革事例
  • 流通業
    06分25秒 ファッション業界のサプライチェーンの透明性確保に取り組むtex.tracer様インタビュー

②【データドリブン実践編】知覚を研ぎ澄ます 欧州先進事例のご紹介

様々なモノや情報が、組織や業種、国を越えて取引される現代において、ステークホルダーが企業を見る目はより厳しさを増しています。企業はステークホルダーによって広範な情報且つ多様な観点で評価される時代です。企業が知覚を研ぎ澄ますことの意義と、サーキュラーエコノミーやカーボンニュートラルといった社会のトレンドを捉え、富士通と共に課題解決に乗り出した欧州の先進事例をご紹介します。

  • 製造業
    05分38秒 ABInBev 様 自社ビールブランドであるLeffe(レフ)において、生産農場から消費者に届くまで、大麦のサプライチェーントレーサビリティに関するパイロットをヨーロッパで開始。新たな顧客体験を創出した。
  • 流通業
    08分30秒 tex.tracer 様 価格志向型のアパレル産業において、ブロックチェーンを活用した、サステナブルかつエシカルなサプライチェーン・プラットフォームを構築。提供される情報に基づいた消費者判断を可能にし、ブランド価値を高めた。
  • 流通業・貿易業
    11分43秒 Rice Exchange 様 コメ売買取引に関わる数多くのステークホルダーをつなぎ、効率性と安全性を高めた世界初の取引プラットフォームを開発。国際コメ取引における透明性を確保し、業界を変革している。

③【データドリブン実践編】変革に必要な3つのReal

私たちの想像をはるかに超えて変化する不確かな時代において、企業が持続的に成長していく鍵となるのがデータドリブン経営です。経営の意思決定から現場の課題解決まで、『データドリブンマネジメントを日本企業が進めるために、いま何が本当に必要なのか』この問いに対しここでは、富士通が考える日本企業がデータドリブン経営へと舵を切るために必要な3つのReal(人、課題、データ)を、3つの具体的事例とともにご紹介します。

  • 小売業
    03分17秒 株式会社オークワ 様 環境変化に合わせてAIが需要予測モデルを最適化する富士通の独自技術「動的アンサンブル予測」により、1カ月間の客数を予測し、自動チューニングによる精度維持も実現。フードロスを削減している。
  • 06分44秒 富士通社内実践 富士通が自らをDX化するにあたり、30年に渡って増え続けた100を超えるシステムから、膨大なデータを抽出して統合。社内に散在する大規模データ統合を実現した。
  • 電気・ガス業
    11分54秒 メタウォーター株式会社 様 上下水道事業者のニーズへの対応を加速し、情報をもとにした異業種連携のプラットフォームを構築。業界のステークホルダーのデータをつなぎ新しい活用を実現した。

Data Driven Managementに関するお問い合わせ・ご相談

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

  • 0120-933-200(通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9:00~12:00および13:00~17:30(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ