時代が求めるデータ活用の在り方

組織全体でデータ主導の意思決定を実践する、データドリブンマネジメントの威力

「データドリブンマネジメント」は、データを徹底的に活用することで企業価値を最大化する概念である。これを全社で実践し、効果を上げる方法をスペシャリストが事例を交えて語る。

社内外のデータを活用して意思決定につなげる「データドリブン経営」に注目が集まって久しいが、実現できている組織はそう多くないだろう。

経営ダッシュボードの構築や、セルフサービスBI向けのデータ分析基盤の整備といった施策が注目を集めたこともある。しかし、これらの施策は企業のバックオフィス系情報システムに記録されたデータに関する、専門的なノウハウを持つ技術者のリソースが十分にあることが前提となっているケースが多く、ビジネスのあらゆる局面でビジネスの視点でデータを活用して意思決定を進めるデータドリブン経営の希求には十分に応じられていない。

この問題に対する一つの答えが「データドリブンマネジメント」という考え方だ。単なる言葉遊びではなく、従来の「データ活用」の概念を超えた挑戦を可能にする全く新しい技術がそのコンセプトの基礎となっている。組織そのものの在り方や文化を変えるポテンシャルを持つとされるデータドリブンマネジメントと、それを実現する技術やノウハウについて、多くの組織のデータ活用をけん引してきたスペシャリストに取材した。

浦松 博介
富士通株式会社 DXプラットフォーム事業本部 プリンシパルコンサルタント

グローバル証券会社や外資系IT企業、コンサルティング会社などを経て、2021年に富士通 に参画。データの利活用を通じて、顧客の経営、事業課題を解決するコンサルティング事 業の推進をする他、データサービス事業の企画推進も担う。

このようなお客様へ

  • 「データドリブンマネジメント」を実践し、組織の意志決定のあり方を変革したい経営層の方々
  • 部門間/企業間のデータを活用し、事業課題や社会課題を解決したいお客様
  • 特に、流通・製造業のお客様

    - アフターサポート情報を活用した品質マネジメント
    - 原材料やサプライチェーンのトレーサビリティ

続きは、こちらからお読みいただけます。

組織全体でデータ主導の意思決定を実践する、データドリブンマネジメントの威力

  • 「データドリブン経営」にまつわる誤解
  • データ分析基盤の整備を急ぐには脱「Excelリレー」が最低条件
  • データ活用のためのリテラシーやマインドを醸成する
  • データドリブンマネジメントの実践を助けるノウハウとキーテクノロジー

ページの先頭へ