GTM-MML4VXJ
Skip to main content

6. フラッシュストレージを冗長化する技術

企業向けHDDの年間故障率(AFR:Annual Failure Rate)はHDDの種類や使用環境・条件により異なりますが、約3%程度といわれています。これは100台のHDDで構成されたシステムの場合、年間に3台は故障する換算になります。物理的な駆動装置を持たないフラッシュ(SSD)は、HDDと比べると故障率は低くなりますが、故障が発生しないわけではありません。故障時にデータが失われないようにするには、SSDで構成されるフラッシュストレージを冗長化する必要があります。

RAID(Redundant Array of Inexpensive Disks)は、複数のドライブにデータを分散配置することで冗長化を実現する技術です。データを分散配置することでドライブ1台が故障した場合でも、他に保存されているデータやパリティデータによってデータの復旧が可能になります。RAIDにはいくつかの種類があり、近年ではRAID1、RAID5、RAID6、RAID1+0(RAID10)がよく使われています。RAID種類ごとの手法・容量効率・性能・耐障害性の違いを下表に記しました。

もともと高性能なフラッシュストレージであれば、RAID1より性能は劣るが容量効率に優れるRAID5も十分採用できる冗長化手法といえます。

RAID種類 手法 容量効率 性能 耐障害性
RAID1 データを複数のドライブに同時に書き込む(ミラーリング)
3/6
RAID5 パリティをすべてのドライブに分散して書き込む
5/6
RAID6 パリティを二重化し、複数ドライブに書き込む
4/6
RAID1+0
(RAID10)
ミラーリングしたデータを複数のドライブに分散して書き込む(ミラーリング+ストライピング)
3/6
(非冗長化)
RAID0
データを分散して複数のドライブに書き込む
6/6
Χ

◎:非常に優れている   〇:優れている   △:やや劣る   Χ:劣る
(注)容量効率:仮にドライブを6台用意してRAIDを構成する際に利用可能なドライブの割合です。

掲載日:2017年9月29日

さらにフラッシュストレージを探求したい方へ:「オールフラッシュ時代の幕開け」コストメリットや設計構築・運用保守が安心な理由

1分でマスター!オールフラッシュ記事一覧

今後も、フラッシュストレージの基礎解説から実践で役立つ解説「実装のポイント」「運用で必要な機能」「理想の管理手法や展望」などを定期的に更新していく予定です。

1分でマスター!オールフラッシュ ~基礎から実践まで~

製品ラインナップ

ETERNUS AF series オールフラッシュアレイ

安定した高速処理と既存製品との優れた互換性を備えたオールフラッシュアレイ
ETERNUS AF250 S2
ETERNUS AF650 S2

ETERNUS TR series 仮想化環境専用ストレージ

大規模なサーバ仮想化環境や仮想デスクトップ環境で安定した高い処理性能とシンプルな運用を実現する、すべてSSDのオールフラッシュ構成の仮想化環境専用ストレージ
ETERNUS TR1000
ETERNUS TR6000 series

ETERNUS NR1000A series オールフラッシュ

ネットワーク環境におけるデータの統合と活用をサポートし、高い処理能力と信頼性を兼ね備えたオールフラッシュ
ETERNUS NR1000 A200/A300/A700s/A700

関連情報

書庫探コンテンツ情報

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS