最上位モデルETERNUS DX8000 S4 series
ハイブリッドストレージシステム発表

2018年10月24日

ハイブリッドストレージシステム「ETERNUS DX series」から富士通製メインフレームGS21をはじめ多様なオープンシステムとの接続を幅広くサポートする最上位モデルのETERNUS DX8000 S4 seriesとして「ETERNUS DX8100 S4」「ETERNUS DX8900 S4」の2モデルを2018年10月24日に発表しました。
ETERNUS DX8000 S4 seriesはストレージコントローラーを中心とした一層の性能強化をはじめ、搭載ドライブのコストを抑制する圧縮機能をサポート。高速なフラッシュをはじめ幅広い記憶媒体の選択肢をもつハイブリッドストレージシステムとして、性能・容量・信頼性のあらゆる点で最もハイレベルなストレージシステムをご提供します。

ETERNUS DX8000 S4 series ラインナップ

ICTシステムのデータ量増大や多様化により、求められる役割の高度化が進むストレージシステム。
ETERNUS DX8000 S4 seriesは、ストレージ運用の複雑化やインフラ投資の増大、新たな業務追加に伴う処理遅延など、ICTシステムが抱える課題に対して最適なソリューションを提案します。

  • (注1) 1kByte=1,000Byteとして計算し、単一インチの最大容量ドライブを最大数搭載した場合の物理容量
  • (注2) 最大キャッシュメモリ容量の値
  • (注3) 最大システムメモリ容量の値

最新テクノロジーの採用による大幅なパフォーマンス向上

富士通自社開発ストレージの最高峰として最新テクノロジーを採用し、最大限の性能を発揮する設計にこだわりました。 専用チップの採用や、最新高性能CPU(Intel® Xeon® /12core)とシステムメモリに大容量128GB DDR4 DIMMを採用など、ストレージコントローラーの強化により、従来機比1.3倍の性能改善を実現しています。 さらに、CPUと記憶媒体の速度ギャップを埋める独自の高速化機構「Extreme Cache」においては最先端のNVMe SSDを2次キャッシュとして採用し、高性能を実現しています。

  • FE: Frontend Enclosure, CE: Controller Enclosure, DE: Drive Enclosure,
  • FRT: Frontend Router, CM: Controller Module, CA: Channel Adapter, EXC: Extreme cache,

ETERNUS DX8900 S4内部構成図

データ圧縮機能によるストレージ容量効率向上とコスト削減

上位モデル「ETERNUS DX8900 S4」の基幹IA/UNIX/PCサーバ接続においては、データ圧縮機能を新たにサポート。サーバからのライトデータを記憶媒体に書き込む前に、小さなデータに分割してブロック単位(8KB単位)で圧縮して書き込みます。 さらに専用チップによるハードウェアアシスト機能を採用しているため、圧縮処理をハードウェアにオフロードし、ストレージ処理性能への影響を極小化します。これにより、ドライブの消費を約50%まで削減(当社測定値)することでの直接的なコスト抑制はもとより、CPU負荷を軽減し、高速処理を実現しています。

ETERNUS DX8900 S4の圧縮機能について

  1. サーバから書き込まれたデータをシステムメモリ内部で分割
  2. 分割したデータを専用チップでデータ圧縮
  3. サーバへライト完了を通知
  4. システムメモリ内で圧縮されたデータをプールに登録されたボリュームに書き込み

データ保護を実現する抜群の信頼性を提供

ETERNUS DX8000 S4 seriesはいずれも富士通製メインフレーム GS21 seriesとの接続をサポート。2030年以降までの長期ロードマップをお約束しているメインフレームの安定稼働を支え、止まることが決して許されない社会インフラ・企業基幹システムのストレージ基盤として支える機能も万全です。 業務影響を最小限に抑えたフルボリュームの高速コピー機能(アドバンスト・コピー機能)や、遠隔地バックアップによる災害対策が行える筐体間コピー(リモート・アドバンスト・コピー機能)をサポート。
また、主要なコンポーネントを冗長化すると共に、RAIDやキャッシュメモリのミラーリングによるデータ冗長化し、高い信頼性を提供しています。 さらには、ドライブ故障の兆候を検知すると事前にデータをホットスペアに自動コピーしてデータの冗長性を常に確保するとともに、停電時にはキャッシュのデータを不揮発メモリに退避し、復電時までデータを確実に保護します。

設置面積を最大40%削減可能なオールインワンモデルもご用意

従来、富士通製メインフレームとETERNUS DX8000 seriesは別筺体で設置していましたが、ETERNUS DX8100 S4においては、メインフレーム「GS21 3400 シングルクラスタ(オールインワン)」の中に搭載することが可能になりました。これにより設置面積を最大40%削減します。

さらに大容量の2.5インチSSDをサポート

今回ETERNUS DX8900 S4において基幹IA/UNIX/PC サーバ接続向け2.5インチSSD 30.72TBおよび暗号化対応の7.68TBをサポート。
本SSDについては、ETERNUS DX S4 series(注4)およびオールフラッシュアレイのETERNUS AF S2 seriesでもサポートし、更なる大容量化を実現しています。

  • 注4 ETERNUS DX60 S4は未サポート

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ