GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU Storage ETERNUS AF/ETERNUS DX の OpenStack対応状況

ETERNUS AF/ETERNUS DX for OpenStack cloud solution

最終更新日:2018年3月16日

ETERNUS AF series オールフラッシュアレイおよびETERNUS DX series ハイブリッドストレージシステムにおける オープンソースソフトウェア(OSS) OpenStack の対応状況について、以下の通りご連絡致します。

動作環境

サポート
ストレージ
オールフラッシュアレイ ETERNUS AF250 S2/AF250
ETERNUS AF650 S2/AF650
ETERNUS DX200F
ハイブリッドストレージシステム ETERNUS DX60 S4/S3
ETERNUS DX100 S4/S3, DX200 S3/S4
ETERNUS DX500 S4/S3. DX600 S4/S3
ETERNUS DX8700 S3, DX8900 S3
対応内容 ETERNUS AF/ETERNUS DX 用のVolumeDriverを使用することでcinder の BlockStorageとして利用することができます。 ETERNUS上へVolumeの作成、作成したVolumeをVMインスタンスへの割り当てなどの作業が、OpenStackの標準インターフェース (Horizon) からの操作で行うことができます。
OpenStackリリース Kilo
Liberty
Mitaka
Newton
Ocata
pywbemリリース pywbem 0.7.0
サポート機能 Create/Delete Volume
Create/Delete Snapshot
Attach/Detach Volume
Create Volume from Snapshot
Clone Volume
Copy Image to Volume
Copy Volume to Image
Extend Volume
Migrate Volume
Retype Volume
Manage Volume
Unmanage Volume
ストレージ接続プロトコル ファイバチャネル、iSCSI
サポートソフトウェア Cinder Volume Driver
ドライバ ダウンロード ETERNUS OpenStack VolumeDriver

動作実績

動作実績のある構成は以下の通りです。

1 OS RedHat Enterprise Linux 7.2
OpenStack RDO Kilo
Interface ファイバチャネル、iSCSI
2 OS RedHat Enterprise Linux 7.2
OpenStack RDO Liberty
Interface ファイバチャネル、iSCSI
3 OS RedHat Enterprise Linux 7.2
OpenStack RDO Mitaka (rdo-release-mitaka-3)
Interface ファイバチャネル、iSCSI

参考情報

コンバージドスイッチ「Brocade VDX series」については、OpenStack Networking 用プラグインがブロケード社より公開されています。これによりBrocade VCS ファブリック技術を利用したイーサネット・ファブリックをOpenStackで管理することが可能になります。

書庫探コンテンツ情報

  • ストレージ技術解説
    OpenStackのほか、ストレージに関連する技術を中心に動画・図解を交えて分かりやすく解説

関連資料

ストレージシステム ETERNUS製品・サービスに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)


ETERNUSサイトについて | サイトのご利用方法 | 総合索引

GTM-5LTXMS