Work Life Shiftがもたらした富士通の変化
富士通の変革実践

2020年7月、富士通は、ニューノーマル時代における新しい働き方のコンセプトとして「Work Life Shift」を発表しました。
アフターコロナを見据えて、オフィスでのリアルなコミュニケーションの効果的な活用を組み合わせた真のHybrid Workを実現することや、Lifeのさらなる充実などを目指し、2021年10月から「Work Life Shift 2.0」としてバージョンアップした施策をスタートさせています。

会社のパーパス実現に向けて
社員一人一人とウェルビーイングに向き合う

富士通株式会社
執行役員常務 CHRO
平松 浩樹

これまで全社員が「Work Life Shift」を実践し、ニューノーマルな働き方に自信を持つことができました。今後はこれを「Work Life Shift 2.0」としてさらに進化させ、本来の目的であった"ウェルビーイング"実現を目指すことが、会社のビジネスやパーパス実現に繋がると考えています。

富士通にもたらした変化

Work Life ShiftによりリアルとバーチャルやWorkとLifeの相乗効果による新たな価値を創出し、
一人ひとりのウェルビーイングを実現することで、エンゲージメントの向上や会社のビジネスやパーパスの実現に繋げます。

[テレワーク継続率平均 80%][通勤時間の減少一人あたり平均 -30時間/月]※2022年1月28日現在
[単身赴任の解消など遠隔勤務の活用 約1,700名][社外サテライトオフィスの利用 約9,000名/月達成]※2022年1月28日現在

富士通の変革実践一覧

社員の意識改革と組織文化の変革に突き進む、ウェルビーイングを実現するハイブリッドワークの威力 詳しくみる 【オンラインセミナー動画公開】イノベーションリーダーから学ぶ!社員の自律性、組織変革を促進する鍵とは? 詳しくみる 【オンラインセミナー動画公開】両利き経営とこれからの組織づくり。Work Life Shiftによる変革を探る 詳しくみる 【オンラインセミナー動画公開】組織文化を変えるハイブリッドワークの威力 詳しくみる 【オンラインセミナー動画公開】人材論、組織論の世界的権威、リンダ・グラットン教授と語る「働き方の未来」 詳しくみる Work Life Shiftがもたらす新たな学びと体験、富士通社員の「リアル」を公開 詳しくみる ニューノーマル時代の「新しい働き方」「Work」と「Life」のシナジーを追求する 詳しくみる HSMアドバイザリーと富士通によるハイブリッドワークの現状と未来に関するグローバル調査レポート 詳しくみる 働き方改革の本質とは。Work Life Shift 2.0で富士通が目指すもの 詳しくみる DX実現の鍵は〈個人のパーパス〉
富士通のDX推進の原動力となる実践態度 “exPractice”とは?
詳しくみる
共感・信頼をベースとしたマネジメントへ、富士通が実践する新たな評価制度とは 詳しくみる サステナブルな世界を実現するため 社員一人ひとりが自律的に行動できる組織づくりとは 詳しくみる 富士通が挑むカルチャー変革とは。何を変え、何をつかもうとしているのか 詳しくみる

富士通社員の声

柔軟な働き方になったことで、従業員一人ひとりのウェルビーイングに向き合い、エンゲージメント向上を実現していきます。

単身赴任解消・遠隔勤務の実現

家族に何かあってもフォローできない心配事を抱えながら仕事をしていましたが、それが解消されたことが心理的にとても楽になりました。(エンジニア職)

副業に挑戦

社内だけでなく、社外に目を向けると思いがけないことが起こり、自分の新たなキャリアに結びつくのではないかと思っています。(戦略企画職)

仕事と子育てを両立

1日単位で勤務時間をコントロールできるので、子育てをする従業員に対して、すごく優しい環境です。(ビジネスプロデューサー職)

Work Life Shift に関するお問い合わせ・ご相談

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200

受付時間 : 9:00~12:00および13:00~17:30(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ