Skip to main content

Japan

FUJITSU 自治体ソリューション 福祉総合システム

福祉総合システムは、各自治体様の福祉部門における母子福祉、障がい者福祉、生活保護に関わる業務を総合的にサポートするためのシステムです。

福祉総合システムの特長

  • 利用者ごとに使用可能な業務、機能、範囲を設定することが可能です。
  • 複数業務でサーバを共通利用することにより、初期費用、運用費用の削減が可能です。
  • 職員ポータル及び職員認証、文書管理、電子申請などの電子県庁基盤 と連携可能な総合システムです。

福祉総合システムの機能

項目 業務名 システム名 詳細
1 児童
福祉
児童扶養手当
システム
受給の認定から各諸届による変更、及び手当の支給、現況届の受付などを行う。
2 母子
福祉
母子父子寡婦福祉
資金貸付システム
母子家庭/父子家庭や寡婦に関する資金の申請から償還金収納までの貸付事務を行う。
3 生活
保護
生活保護システム 保護費の決定、保護費支給、医療扶助、介護扶助、相談管理を行い統計資料の作成を行う。
4 障がい
者福祉
特別児童扶養手当
システム
受給の認定から各諸届による変更、及び手当の支給、現況届の受付などを行う。


福祉総合システムの価格

システム名 標準販売価格
パッケージ 福祉総合システム 詳細はお問い合わせください

お問い合わせ

福祉総合システムの導入をご検討されているお客様の各種ご質問、お見積りやシステム導入のご相談などを承ります。ぜひ、お気軽にご相談ください。後ほど当社担当者よりご連絡させていただきます。

福祉総合システムのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

お問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

フリーダイアル:0120-835-554
富士通Japanお客様総合センター

受付時間 9時から12時、13時から17時30分まで(土日、祝日及び当社指定の休業日を除く)
(注)お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させて頂く場合がありますので、予めご了承ください。

富士通Japanの福祉総合システム

福祉総合システムは、各自治体様の福祉部門における母子福祉、障害福祉、生活保護に関わる業務を総合的にサポートするためのシステムです。福祉総合システムに関するお客様の各種ご質問、お見積りやシステム導入のご相談などを承ります。