GTM-MML4VXJ
Skip to main content

製品展示室

通信機器、コンピュータ、半導体などの主要製品やソリューション・サービスについて、富士通の歴史を飾ったものをジャンル別にご紹介します。

一覧はこちら

 

通信機器

富士通は1935年、通信機器メーカーとしてスタートし、電話網を支える「交換機」や「伝送装置」を作り始めました。時代が進むと、その通信ネットワークが電話だけでなくコンピュータのデータ通信にも使われるようになり、機器の姿も多様化していきました。

交換機
電話機など
伝送装置
無線装置

 

コンピュータ

富士通は1954年、当時の主力製品だった電話交換機の「リレー」という部品を使い、わが国初の実用リレー式自動計算機「FACOM100」を開発しました。その後しばらく汎用機の時代が続き、富士通は国内トップのコンピュータメーカーに成長していきます。通信ネットワークや半導体の技術が高度化するにつれ、オフィス内の事務処理に主眼を置く「オフコン」、文書作成機能に特化した「ワープロ」、多機能を小型ボディに詰め込んだ「パソコン」など多彩なコンピュータが登場します。

メインフレーム
オフコン
ワープロ
ソフトウェア
スーパーコンピュータ
サーバ(ワークステーション)
周辺機器
ミニコンピュータ
パソコン
端末

 

デバイス

コンピュータや通信機器には、半導体を初めとする電子部品など、多くのパーツが使われています。ここでは、富士通の製品を支えてきた半導体・電子部品をご紹介します。

半導体
電子部品・その他

 

ソリューション・サービス

業種、業務ごとに多種多様なお客様の問題を解決するために、富士通はコンサルティングから構築・運用までをトータルにサポートするソリューション・サービスをご提供しています。

ソリューション・サービス

 

情報処理技術遺産について

我が国のコンピュータ発達史上の重要な成果や製品の中で、現存する貴重な史料を保存し、次世代に継承していくことを目的とした「情報処理技術遺産」の認定を受けた製品について紹介いたします。