GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 会社概要 >
  4. 富士通の歩み(沿革)

富士通の歩み(沿革)

1935年に通信機器のメーカーとしてスタートして以来、富士通は技術力を通じてお客様の問題を解決し、社会に貢献してきました。その歩みを簡単にご紹介します。

1935年

6月 富士電機製造株式会社(現・富士電機株式会社)の電話部所管業務(交換、伝送)を分離し、富士通信機製造株式会社(現・富士通株式会社)を設立  

1938年

9月 新工場(現・川崎工場)を竣工し、富士電機の川崎工場より移転  

1939年

  無線分野進出  

1940年

  日本初の国産自動交換機「T形交換機」を逓信省に納入  

1945年

12月 戦後の電話設備復旧に貢献するため、当社製電話機、富士形3号電話機として逓信省が正式採用 富士形3号電話機の写真

1949年

5月 東京証券取引所再開と同時に新株式を上場  

1953年

  株式取引高精算用計算機を試作  

1954年

3月 既存の搬送装置を小型化した「M形搬送装置」を完成、電電公社による戦後の通信設備復興に貢献  
10月 日本初の実用リレー式自動計算機「FACOM 100」を完成 FACOM 100の写真

1956年

  富士通初の商用リレー式科学用計算機「FACOM 128A」を完成  

1958年

10月 日比谷に日本初の電算機ショールームを開設  

富士通ミュージアム


1962年

5月 富士通研究所」を研究開発の中核として設置(1968年に(株)富士通研究所として独立)  
11月 英文社名を「FUJITSU LIMITED」とする  

1964年

4月 日本初のデータ通信システム「FACOM 323」を完成、日興証券株式会社に納入  

1967年

3月 初の駐在員事務所をニューヨークに開設  
6月 「富士通株式会社」に社名を変更  

1968年

  大型汎用機「FACOM 230-60」を発表、大ベストセラーに  
11月 全国地銀オンラインシステムを稼動  

1971年

  米アムダール社に資本参加 日立と次期計算機開発で提携  

1972年

1月 ビジネスリーダーの育成を目指し、ハワイに「日米経営科学研究所(JAIMS)」を設立 「日米経営科学研究所(JAIMS)」の外観写真

1974年

11月 汎用機「FACOM Mシリーズ」を発表  

1975年

  海底同軸ケーブルシステムを日本で初めて輸出、西独~スウェーデン間(210km、1200ch)を開通  

1977年

8月 日本初のスーパーコンピュータFACOM230‐75 APU完成  

1979年

4月 汎用コンピュータで漢字を扱える世界初の日本語情報システム「JEF」を発表  

1980年

3月 コンピュータ売上高で国内トップに躍進  
5月 日本語ワードプロセッサ「OASYS 100」を発表  
6月 富士通研究所、超高速半導体素子HEMTを発表  

早わかり 富士通の歴史


1981年

  世界初のフルデジタル電子交換機「FETEX-150」、シンガポールから1号機を受注  
5月 パーソナルコンピュータ「FM-8」を発表  

1982年

8月 世界最高速の135Mbps光伝送システムを米MCI社に納入、ニューヨークに設置  

1984年

  「FACOM Kシリーズ」でオフコン市場トップに  

1990年

11月 英ICL社に80%資本参加  

1991年

4月 携帯電話ムーバF発表  

1992年

6月 情報・通信システムの総合サービス体系「PROPOSE」を発表  

1993年

10月 Windows時代に対応する国際標準パソコン「FMVシリーズ」を発表  
11月 スパコン「数値風洞システム」(NWT)※が世界初100GFlops超え
※航空宇宙技術研究所(現JAXA)と富士通が共同で開発
 

1995年

5月 世界最高速CMOS汎用プロセッサと並列処理技術を採用したグローバルサーバ「GS8000シリーズ」を発表  
8月 42型のカラーPDP(プラズマディスプレイパネル)を世界で初めて商品化 42型のカラーPDP(プラズマディスプレイパネル)の写真
12月 アウトソーシングサービスの拠点として「富士通館林システムセンタ」を開設

1996年

3月 第5回地球環境大賞を受賞  

1997年

9月 米アムダール社を100%子会社化  

1998年

10月 英ICL社を100%子会社化  

1999年

6月 国内初 環境会計制度の導入  
7月 事業戦略「Everything on the Internet」を発表  
10月 独シーメンス社との合弁で「富士通シーメンス・コンピューターズ」を設立  

2000年

12月 世界最大容量の1.76Tbps光波長多重伝送システムが完成(02年に市村産業賞を受賞)  

製品展示室


2002年

  The FUJITSU Way(現FUJITSU Way)を制定  
2月 プラットフォームコンセプト「TRIOLE」を確立 TRIOLEのイメージ画像
  世界最高速の大型汎用機「GS21 600モデルグループ」を販売開始
4月 欧州、北米のサービス事業を再編し、「富士通サービス」「富士通コンサルティング」を設立

2003年

  光伝送システム「FLASHWAVEシリーズ」が国内および北米市場でトップシェアに  
11月 ソリューションビジネスの戦略拠点として「富士通ソリューションスクエア」を開設 「富士通ソリューションスクエア」の外観写真

2005年

4月 基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」を発表  
6月 非接触型手のひら静脈認証装置「PalmSecure」ビジネスをワールドワイドに展開 PalmSecureの写真

2006年

3月 海外グループ会社を含めたISO14001グローバル統合認証を取得  

2007年

4月 オープンシステムの新標準となる最速、高信頼性のSolaris/SPARCサーバ「SPARC Enterprise」を投入  
  フィールドイノベーションを提唱し、フィールド・イノベータの育成を開始  

2008年

3月 LSI事業を会社分割により分社し、富士通マイクロエレクトロニクス(株)を設立  

2009年

4月 富士通シーメンス・コンピューターズを100%子会社化し、富士通テクノロジー・ソリューションズを設立  

2010年

1月 (株)東京証券取引所の株式売買システムarrowhead稼働  
4月 クラウド・コンピューティング時代に向けた国内最大規模のショールーム・検証サポート施設「富士通トラステッド・クラウド・スクエア」を開設  
6月 富士通のブランドプロミス「shaping tomorrow with you」を策定  

2011年

3月 東日本大震災  
11月 京速コンピュータ「京」※が世界初の10ペタフロップス超えを達成、2期連続世界1位に
※理化学研究所と富士通が共同で開発
 

2012年

4月 中国広東省管轄政府系企業と共同で、富士通中国華南データセンターを開設  
8月 事業継続マネジメントシステムの国際規格「ISO22301」の第三者認証を富士通グループが世界で初めて取得  
10月 食・農クラウド「Akisai」提供開始  

2013年5月~2014年1月

  お客様・社会のイノベーションの加速に向けて、クラウド、ビッグデータ、モバイル、セキュリティ製品・サービス群を新たに体系化  

2013年

4月 全社ビジョン「ヒューマンセントリック・インテリジェントソサエティ」を基軸に技術・商品を新たに体系化した「Fujitsu Technology and Service Vision」を策定  

2014年

3月 EMEIA、アメリカ、アジア、オセアニア、日本の5リージョンに再編し新たなグローバルマトリクス体制を構築  
11月 ビジネス創出とグローバルエコシステム形成に向けたIoTプラットフォームを提供  

2015年

2月 米フォーチュン誌「世界で最も賞賛される企業」に3年連続で選出
「社会的責任」、「革新性」、「マネジメントの質」で高い評価を獲得
 
  東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会ゴールドパートナーに決定 (データセンター)  
6月 富士通創立80周年  
9月 デジタル革新を実現するデジタルビジネス・プラットフォーム「MetaArc」を提供  
11月 AI技術を「Human Centric AI Zinrai」として体系化  

ピックアップ

早わかり 富士通の歴史
富士通の歴史を写真とともに紹介します。

富士通を知る
富士通をより深く知るための+αをお届けします。

GTM-NPL52N