資格一覧

「富士通ソフトウェアマスター」の資格一覧です。各資格を選択すると、資格の詳細情報および、資格試験の受験申し込み方法などが確認できます。

お知らせ
      富士通ソフトウェアマスターでは、DX人材育成の促進に向け、資格体系を変更しました。
    • 2020年12月
      「AI」分野を追加しました。
    • 2021年4月
      「Mobile」および「Service Platform (Form)」は、「Service Platform」に統合します。

Agile

企業のデジタル革新を支援するために、アジャイル開発の知識を持ち、アジャイル開発を実践できる技術を持つ人材を認定します。

AI

AIの知識を持ち、AIシステムの開発・構築・運用技術を持つ人材を認定します。

資格レベル 資格名
Master FUJITSU Certified Master AI
Professional FUJITSU Certified Professional AI

Cloud

クラウドの知識を持ち、クラウド環境の運用、さらに統合されたクラウドシステムを実現する技術を持つ人材を認定します。
「cloud」分野には、「クラウド基盤」および「コンテナ管理」のニつの資格があります。
なお、「Associate」は、「クラウド基盤」および「コンテナ管理」共通の資格です。

クラウド基盤

FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-O(オープンソース基盤)、またはFUJITSU Hybrid IT Service FJcloud-V(VMware基盤)を用いた、IaaSの設計・構築・運用に関する技術を持つ人材を認定します。

コンテナ管理

Red Hat OpenShift Container Platformを用いたDevOpsに関する技術を持つ人材を認定します。

【お知らせ】
FUJITSU Certified Professional Cloud」は、2021年1月末終了予定です。
ただし、認定日より5年間は有意性が維持されます。

Database

様々なデータベースの知識を持ち、お客様に最適なデータベース管理システムを提案し、構築・運用できる技術を持つ人材を認定します。

Mobile

モバイルの知識を持ち、モバイルシステムのアプリケーション開発・構築・運用技術を持つ人材を認定します。

資格レベル 資格名
Professional FUJITSU Certified Professional Mobile
Associate FUJITSU Certified Associate Mobile

【お知らせ】
FUJITSU Certified Professional Mobile」、および「FUJITSU Certified Associate Mobile」は、2021年4月「Service Platform」に統合するため、2021年3月末終了予定です。
ただし、「FUJITSU Certified Professional Mobile」は、認定日より5年間は有意性が維持されます。

Operations Management

システム運用管理の知識を持ち、システムの安定稼働を実現する技術を持つ人材を認定します。
「Operations Management」分野には、「System Control」および「Automation」の二つの資格があります。
なお、「Associate」は、「System Control」および「Automation」共通の資格です。

System Control

システムの統合運用管理の知識を持ち、安定稼働監視とITILによる運用管理システムを構築・運用できる技術を持つ人材を認定します。

Automation

システムの自動運用管理の知識を持ち、ジョブ管理と自動プロセスを活用した、運用管理システムを構築・運用できる技術を持つ人材を認定します。

Security

情報セキュリティの知識を持ち、お客様のシステムに不可欠なセキュリティ対策を実現するための高いレベルのセキュリティ技術を持つ人材を認定します。
「Security」分野には、「エンドポイントセキュリティ」および「認証基盤」の2つの資格があります。
なお、「Associate」は、「エンドポイントセキュリティ」および「認証基盤」共通の資格です。

エンドポイントセキュリティ

エンドポイントにおける機密情報の漏洩やウイルス被害といった脅威から、システムを守る環境を実現できる人材を認定します。

資格レベル 資格名
Professional FUJITSU Certified Professional Security (Endpoint Security)(注1
Associate FUJITSU Certified Associate Security
  • 注1)
    本資格の詳細は、2021年3月公開予定です。

認証基盤

情報セキュリティの基盤となる認証の運用を支援できる人材を認定します。

資格レベル 資格名
Professional FUJITSU Certified Professional Security (Authentication Base)(注2)(注3
Associate FUJITSU Certified Associate Security
  • 注2)
    本資格の詳細は、2021年1月公開予定です。
  • 注3)
    本資格および試験は、富士通グループ / パートナー様を対象としています。

【お知らせ】
FUJITSU Certified Professional Security」は、2021年3月末終了予定です。
ただし、認定日より5年間は有意性が維持されます。

Service Platform

サービスプラットフォームの知識を持ち、サービスプラットフォームの一つであるアプリケーションサーバや、業務で利用する帳票を作成、管理する帳票システムの構築や利用できる技術を持つ人材を認定します。
「Service Platform」分野には、「Service Platform」および「Form」の二つの資格があります。なお、「Associate」は、「Service Platform」および「Form」共通の資格です。

Service Platform

アプリケーション開発の知識を持ち、アプリケーション管理システムを構築・運用できる技術を持つ人材を認定します。

Form

帳票アプリケーション開発の知識を持ち、電子化や文字管理など、帳票管理システムを構築・運用できる技術を持つ人材を認定します。

【お知らせ】
FUJITSU Certified Professional Service Platform (Form)」は、2021年4月「Service Platform」に統合するため、2021年3月末終了予定です。
ただし、認定日より5年間は有意性が維持されます。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ