~デジタル・トランスフォーメーション(DX)を実現するための技術力を証明~
富士通ソフトウェア技術者認定制度
「富士通ソフトウェアマスター」

富士通ソフトウェア技術者認定制度
富士通ソフトウェアマスターとは

「富士通ソフトウェア技術者認定制度(富士通ソフトウェアマスター)」とは、デジタル・トランスフォーメーション(DX)を実現するために必要となるソフトウェアにおいて、従来技術に加え、OSSなどのデジタル技術や開発手法を、適切かつ効果的に活用するための技術力を富士通が認定する制度です。
「富士通ソフトウェアマスター」は、スキル標準(ITSS / ITSS+)(注1)に準拠し、L1に対応した「Associate」からL5に対応した「Senior Master」まで、難易度別に5段階の資格を用意しています。

  • 注1)
    ITSS / ITSS+については、「ITスキル標準関連(情報処理推進機構のページへリンクします。) をご覧ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ