Fujitsu Certified Professional Cloud (Containers Management) for Developer

資格名

Fujitsu Certified Professional Cloud (Containers Management) for Developer

認定条件

本資格は、以下のどちらかの条件を満たした方が、認定申請することで認定されます。

  • The Linux Foundationの認定資格「CKAD-JP」または「CKAD」のどちらかの合格
  • 有意(注1)なThe Linux Foundation「認定Kubernetesアプリケーション開発者 (CKAD-JP)」、またはThe Linux Foundation「Certified Kubernetes Application Developer (CKAD)」資格の保有
  • 注1
    資格の有意性の期限は、The Linux Foundationの「CKAD-JP」または「CKAD」に準じます。認定日より3年です。

外部資格

外部資格名認定Kubernetesアプリケーション開発者 (CKAD-JP)
(LPI-Japanのページへリンクします)
外部試験名認定Kubernetesアプリケーション開発者(CKAD-JP)
  • 認定Kubernetesアプリケーション開発者 (CKAD-JP)
  • Certified Kubernetes Application Developer (CKAD)
試験対策コースKubernetesアプリ開発(eラーニング教材)(LPI-Japanのページへリンクします)

「CKAD-JP」または「CKAD」を保有している方は、「認定申請」をしていただくことで、「Fujitsu Certified Professional Cloud (Containers Management) for Developer」資格認定を取得できます。

受験申込み方法

LPI-Japanでの受験の申込みは、LPI-Japanのページから行ってください。

認定申請

現在、認定申請は停止しています。
詳細は、「認定申請」をご覧ください。

有意性・再認定ポリシー

有意性の期限は、3年です。
詳細は、「有意性・再認定ポリシー」をご確認ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ