テレワーク・デイズ2019に向けた富士通の取り組みについて

2019年は「約5万人」が
テレワーク・デイズに参加
富士通が本気で取り組む
「働き方改革」とは

今般、社会情勢の変化に伴って、職場におけるテレワークの導入が急務となっております。富士通では2015年より、働き方改革の一環として、テレワークの実践を進めて参りました。政府は東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催にあたり、東京都内の交通機関の混雑緩和対策として、2017年から毎年、大会の予定期間のテレワークを推進してきました。富士通もこれに賛同する形で2019年は7月22日から9月6日にわたって5万人以上がテレワークを実施しています。今回は、その推進部門である人事部門、総務部門の担当者にテレワークの狙いや働き方改革の社内実践から見えた課題、実践効果を聞きました。

テレワーク・デイズに関連したキャンペーン

「ワークスタイル変革」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

ページの先頭へ