つまづく原因は5つの「ない」?
働き方改革を成功に導く画期的ワークショップとは?

国を挙げて「生産性向上」と「長時間労働の是正」が叫ばれる中、ワークスタイル変革は企業が最優先で取り組むべき課題となっている。しかしワークスタイル変革を推進した企業のなかには残念な結果に終わっているところも少なくない。「失敗しないワークスタイル変革」には何が必要なのか。事例を基に、ワークスタイル変革を阻む5つの理由をひも解き、その解決策を探る。

日本の時間当たり労働生産性は、OECD加盟35カ国のなかで20位。主要先進7カ国の中では最下位の状況が続いている――。日本生産性本部が2016年12月に発表した『労働生産性の国際比較 2016年版』は、またも残念な結果に終わった。企業はこれまでもワークスタイル変革を通じた生産性の向上に取り組んできたが、この結果を見る限り成功しているとは言い難い。デジタル化に伴うビジネス環境の急速な変化への対応、グローバル対応、企業の社会貢献力の向上といった経営課題は未だに解決できていない。

しかしワークスタイル変革は待ったなしだ。政府も重要政策として「働き方改革」を打ち出し、2016年9月には「働き方改革担当大臣」を設置した。長時間労働が社会問題化する中、多くの企業がワークスタイル変革の取り組みを加速させている。在宅勤務など社外で仕事ができるテレワーク、社内の席を固定させないフリーアドレス、スマートデバイスやIoT(モノのインターネット)を活用した現場業務変革など、様々な取り組みを進めている。

だがその行く手は必ずしも順風満帆ではない。高い志を持って始めたはずが、残念な結果に終わった事例も少なくない。例えばこんな具合だ。

事例1.在宅勤務制度があるのに、誰も使わない
子育て中の社員などを支援すべく、在宅勤務制度を導入したA社。ところが利用者は年10人程度で、そのほとんどが人事部の所属。「なぜ使わないのか」を社員に聞いたところ、「1日単位では取得しにくい。時間単位か、せめて半日単位なら気軽に取れるのに」「上司が在宅勤務にいい顔をしない」といった意見が数多く出た。制度設計に加え、管理職の意識にも問題があるようだ――。
事例2.フリーアドレスにしたのに結局席が固定してしまう
B社はオフィスの移転を機に、全面フリーアドレス化に踏み切った。社員が固定席に縛られず、毎日席を変え、別の部署の人と隣同士で仕事をすることで、部門の壁を越えたコミュニケーションを活性化させようと試みた。それによって、アイデアの創出や発想の転換を促す狙いがあった。
ところが数カ月たつと、部署ごとに集まって毎日同じ席に座る現象がみられるようになった。上司は「部下に目が届かないと仕事が遅れる」と言い訳し、部下は「机に資料や備品を置きたいので、毎日席を変えるのは面倒」と口をとがらす。フリーアドレスを推進した人事部も、「生産性が阻害される」という現場からの抵抗には逆らえず、実質的な固定席に逆戻りしてしまった。
事例3.スマートデバイスで「直行直帰」のはずが、毎日会社に戻ってくる
C社は営業担当者全員にタブレットを配布。社外からメールを読んだり、社内システムにアクセスして売り上げなどのデータを確認したりできる環境を整えた。直行直帰を推進し、できるだけ多くの取引先を回ってもらうためだ。
ところが実際には、多くの社員が営業日報を書くために夕方に会社に戻っていた。タブレットにも日報作成機能はあるが、文章入力は会社のパソコンの方が便利だからだ。「上司や同僚に相談するのも、メールより直接会う方が早い」と言う社員も多かった。直行直帰を推進する営業部門のトップは苦い顔だ。
事例4.経営層がワークスタイル変革の費用対効果を判断できない
D社の人事部門は、オフィス以外で仕事ができるテレワークの導入を経営会議に諮った。通勤時間の削減による生産性向上に加え、「災害で本社が被災しても、自宅などで業務を続けられるBCP(事業継続計画)にもなる」と説明した。
ところがそれを聞いた役員陣からはROI(投資対効果)についての質問が次々に飛び出した。「通勤時間をどの程度削減できるのか」「BCPといっても、今後5年以内に大震災が起こって本社が被災する可能性はどの程度あるのか」――。この問いに答えるには様々な試算が必要で、時間がかかる。「自宅で仕事をすると、会社でやるより生産性が落ちるのでは」と強硬に主張する役員もいて、客観的に論破するのは難しそうだ。人事部門のメンバーのモチベーションは下がり、「無理してやらなくてもいいか」といった諦めムードが漂っている。

続きは、こちらからお読みいただけます

ワークスタイル変革でつまづく5つの原因 乗り越えて成功に導く秘訣とは?

概要

  • 5つの「ない」がワークスタイル変革を阻害
  • 500パターンのワークスタイル変革、自分にササルのは?
  • カードをベースに仕事の課題を深掘り
  • 「3年後はこうなりたい」、では今やるべきことは?

ページの先頭へ