GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Ufinity 研究者業績サービス

ページ内索引

日本最大の研究者情報データベース「researchmap」を活用した研究者総覧

「Ufinity研究者業績サービス」は、「researchmap」(注)に登録されている研究者の業績情報を活用した、大学ごとに研究者の研究業績が公開可能なSaaS型サービスです。
本サービスにより、大学は、独自の研究者業績データベースの構築や運用が不要になります。

Ufinity研究者業績サービスの仕組み

(注)国立情報学研究所が開発し、独立行政法人科学技術振興機構が運営する、25万件におよぶ研究者の
研究業績情報が登録された国内最大のデータベース。

事例紹介

学習院大学様

researchmapを活用し大学のサイトで研究業績を公開
教員の負荷軽減、SaaS利用でコストの大幅削減を実現
[2017年1月25日掲載]

製品の特長

日本最大の研究者情報データベース「researchmap」を活用

  • データは既にresearchmapに用意されていますので、すぐにサービスを利用できます。 独自のデータベースのように情報更新のつど、同期を取る必要はありません。

初期費用をかけず、すぐにサービスを利用可能

  • 本サービスは、国内最高水準の当社データセンターで運用する、安心・安全なSaaS型サービスです。大学は、 ハードウェアの導入やシステム構築が不要なため、初期費用を抑えてサービスを開始できます。また、当社がシステム運用や保守、セキュリティ対応、データのバックアップなどを行うため、大学におけるシステム管理の負荷を大幅に軽減できます。

大学専用の研究者業績情報サイトを簡単に作成可能

  • 各大学の研究者業績情報サイトにあわせて、学部、学科など公開情報の設定が可能です。また、さまざまなデザインやレイアウトを用意しているため、大学の方針やイメージに合ったサイトを簡単に作成できます。
公開情報設定例

価格

月額 45,000円より。
詳細なお見積りについてはお問合せください。


文教ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)