GTM-MML4VXJ
Skip to main content

博物館・美術館・デジタルアーカイブソリューション

博物館・美術館・公文書館・図書館において信頼性に優れた高機能な情報活用基盤をご提供します。収蔵資料管理を中核に業務の効率化と利用者サービスの向上を実現し、お客様に新たな価値を提供します。

事例紹介

[事例紹介]大分県立美術館 様
 データベースの一元化と多彩な機能により、来館者サービスの向上と管理業務の効率化を実現

[2016年6月15日掲載]

[事例紹介]島根県立図書館 様
 異なるコンテンツ情報の一元管理から公開までをワンストップで実現し、しまねに関するタイムリーな情報発信と入手が可能に!

[2015年11月9日掲載]

[事例紹介]高松市公文書館 様
 歴史資料として重要な行政文書(歴史公文書)の適切な保存及び利用等を図り、市民の信頼性向上につなげるための「目録検索システム」を構築

[2015年9月14日掲載]

[事例紹介]東海大学 学園史資料センター 様
 建学の精神に触れる「学園史資料目録Web検索システム」を実現

[2015年5月11日掲載]

[事例紹介]三重県総合博物館 様
 多様な資料の統合管理から利用者への資料提供までをワンストップで実現

[2014年12月17日掲載]

主要製品と主な機能

博物館・美術館・デジタルアーカイブシステム

  • FUJITSU 文教ソリューション Musetheque V4(ミューズテーク)
    博物館・美術館・公文書館・図書館の収蔵品情報を統合管理し、業務の効率化からデジタルアーカイブの情報発信までをトータルにサポートします。
  • FUJITSU 文教ソリューションMusetheque電子透かしシステム
    情報資産を保護するため、画像情報に判別・除去不可能な著作権情報を埋め込んで不正利用を抑止します。
  • MultimediaArchiveExplorer(マルチメディア・アーカイブ・エクスプローラ)
    膨大な画像情報の中から目的の画像をすばやく検索するための、画期的なビジュアル検索/分析/マイニングソフトウェアです。

博物館・美術館コンセプト

富士通では、収蔵品管理システムを中核として、展示・教育活動への連携、資料の調査研究活動のご支援、博物館・美術館運営管理へのご支援を行います。

博物館・美術館コンセプト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

文教ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)