• Brainforceの特長1
  • Brainforceの特長1(サムネ用)
  • Brainforceの特長2
  • Brainforceの特長3
  • ユースケース サムネ(ウォークスルーチェックアウト)
  • ユースケース サムネ(キャッシュレス決済)
  • ユースケース サムネ(オンラインショッピング)
  • ユースケース サムネ(AIレジレスストア)
  • ユースケース サムネ(デリバリマネジメント)
  • ユースケース サムネ(統合顧客管理)
  • ユースケース サムネ(ピッキング・パッキング・サービス)
  • ユースケース サムネ(来店宅配受付けサービス)
  • ユースケース サムネ(Scandit)
  • ユースケース サムネ(移動販売)
  • 導入実績
  • 関連リンク-uvance
  • 関連リンク-リテールソリューション
  • FlexibleCommerceパンフレット

リテールビジネスのデジタルシフトを支援

Flexible Commerce

Omni-Channel Services

Concept

「リテール業界にイノベーションを起こし、新たな価値を創造し、ビジネスを再設計する」

という思いを込め開発した ”リテール事業者のデジタルシフトを支援するRetail as a Service(RaaS)”です


リテール業界の最新トレンドを把握し、富士通が目指すリテール業界のビジョンを策定し必要なサービスを提供します。 またこれからの環境の変化に追随したビジョン、サービスをアップデートしつづけます。

Vision

人や社会の視点から、よりよい未来をつくる持続可能な店舗を創造する事をご支援します


様々なテクノロジーを活用し、消費者ひとりひとりに寄り添い新たな顧客体験を提供すること、そして活き活きと働ける職場環境を提供すること。 そしてこの顧客体験と従業員体験をバランスよく向上させ新たなバリューチェーンの最適化を図る事がFlexible Commerceの目指す世界です。

Brainforce Concept

"Headless Commerce" 採用のFlexible Commerce基盤

IoTやウェアラブルなど消費者接点は変化が激しく柔軟に対応することが求めらます。そのような時代の新たなeコマースの形として注目されているのが"Headless Commerce(ヘッドレスコマース)"です。"Headless Commerce(ヘッドレスコマース)"とは、フロントエンドUIの部分と、それを支えるバックエンドを切り離し、それぞれが独立して構成されている状態の事をいいます。それにより、様々な環境の変化の対応においてバックエンドの影響は最小限とし、新たな顧客接点、チャネル、ユーザーニーズに素早く、柔軟に対応することが可能になります。

ヘッドレスコマースBrainforce基盤とは



Flexible Commerceは "Headless Commerce(ヘッドレスコマース)" の構造を採用したプラットフォームです。
さらにこのプラットフォーム上で動くフロント及びバックエンドのアプリケーションも合わせて提供しています。

リテールビジネスのデジタルシフトを加速しトレンド変化に迅速かつ柔軟に対応する「Flexible Commerce」


Flexible Commerce ご紹介動画
*動画は旧製品名「Brainforce」となっています。

導入事例

導入事例
ライフコーポレーション 様

顧客情報基盤をHubにした、既存自社システムのマイクロサービス化を実現。複雑化したシステム間連携を整理することで、スマートフォンアプリをはじめとした、お客様提供サービスのユーザービリティを改善。

導入事例
U.S.M.H 株式会社 様

API基盤として「Flexible Commerce」を導入。バックエンドとフロントエンドを手間なく連携し、スマートPOSやネットスーパーなどのスマートフォンアプリを活用した新しいショッピング体験を提供。

DX認定ロゴ

経済産業省「DX認定事業者」認定を取得。

U.S.M.H 株式会社 様(2021年7月1日)
U.S.M.H 株式会社 様の展開するカスミ様・マルエツ様(2022年4月1日)

※DX認定制度:ビジョンの策定や戦略・体制整備などをすでに行い、DX推進の整備が整っている(DXReady)事業者を経済産業省が認定するものです。  (出展:情報処理推進機構  DX認定制度)

 

Scan and Pay

3つの特長

特長1.スマートフォンで買い物が完結

特長2.キャッシュレスによる店舗の業務効率化

特長3.マーケティング活動の高度化

 

Online Delivery

3つの特長

特長1.スマートフォンで買い物が完結

特長2.店舗作業効率化/自動配送枠コントロール

特長3.BOPISへの取り組み

 

Cashier Free Store

3つの特長

特長1.レジ業務の削減

特長2.消費者への新たな購買体験

特長3.店舗拡大に向けた取り組みが可能

 
 

デリバリーマネジメント

3つの特長

特長1.業務効率化 - 業務のムリ、ムダを削減 -

特長2.配送品質向上

特長3.ペーパーレス化 - 個人情報漏洩リスク低減 -

 

Scandit Smart Data Capture

3つの特長

特長1.高精度なバーコードスキャンで顧客体験向上

特長2.検品・ピッキング業務の効率化

特長3.物流・ヘルスケアなど幅広い業種の活用

 

Mobile Store

3つの特長

特長1.移動販売の出店場所/日時をアプリ通知

特長2.来店予約/事前購入によるスムーズな購買

特長3.パーソナライズされたクーポンで来客促進

オムニチャネル基盤から展開する先進のお買い物体験

データやAPIが統合されたオムニチャネル基盤上で先進的なチャネルであるVRを使ったお買い物体験のデモをご紹介します。

Flexible Commerceに関するお問い合わせ

ページの先頭へ