【緊急対策本部・自治体・総務部門 必見】できます!緊急時の情報収集と管理

地震・風水害・疾病などの緊急時に、効率的かつ迅速な情報収集・管理を実現

地震・風水害・疾病などの緊急時の情報収集管理方法は検討されていますか?
効果的な対応策を検討するには、被害状況などの把握が必要となります。しかし、属人的な情報管理では、情報収集と集計に追われてしまいます。
CRMateで、効率的かつ迅速に情報収集と情報共有を実現します。

民間企業向け
緊急災害時の情報収集・管理

自治体向け
防災情報・防災用品管理

鳥インフルエンザ防疫対策支援システムにも採用

宮崎県様で続発する高病原性鳥インフルエンザのまん延防止のため、富士通が構築しました「鳥インフルエンザ防疫対策支援システム」には、本モデルが採用されております。

緊急時にすぐに運用開始可能。状況に応じて利用範囲を調整できます!

  • 最短、7営業日での運用開始が可能
  • 状況に応じて利用者数を柔軟に変更可能

状況に応じた利用者数の変更例

複数の拠点や関連部門にも素早く展開ができます!

  • インターネット環境とPCがあれば、すぐに拠点間で情報共有が可能
  • サーバや特別なソフトウェアは不要。インストールさえ不要
  • 運用時の不安は、専用のサポートデスクで解消

状況の変化に応じて、情報の収集内容を簡単に変更できます!

  • 状況の変化に応じて、お客様自身で収集項目も変更可能(注1)
    • (注1):
      セルフカスタマイズ機能を利用して、項目名の修正、項目の追加/削除、画面構成の変更をしていただくことができます。
  • 今ままで利用していた管理表をそのままシステム化

新型インフルエンザ発生時の罹患情報登録画面キャプチャーイメージ

さらに詳細な資料はこちらからお申し込みください。

関連リンク

  • 無料体験デモ申し込み
  • 事例一覧
  • CRMateログイン(利用者向け)

「CRMate」に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ページの先頭へ