適用パターン

専門知識不要のOSS脆弱性管理を実現

~ OSS脆弱性管理サービス 活用 ~

こんな課題はございませんか?



実現できること

  • 管理対象のOSS一覧(SBOM)を提示するだけで管理できる

    OSS脆弱性管理サービスが、お客様より提示された管理対象OSSの脆弱性を常時監視します。
    お客様は、脆弱性情報ポータルにアクセスすれば、脆弱性情報の確認と対応漏れの無い管理ができます。

  • 脆弱性情報を効率的かつ迅速に管理できる

    監視対象のOSSに脆弱性が見つかると直ぐにポータルサイトで通知するので、ブラウザーを見るだけで、効率的かつ迅速に管理でき、運用コストの削減ができます。

  • セキュリティの専門知識が無くても管理できる

    OSS脆弱性管理サービスが、脆弱性情報提供サイトの誤った情報などの内容を精査します。
    また、お客様の管理対象OSSが該当するかしないかの判定を終えた情報を提供します。
    よって、お客様は、修正バージョンを確認し、対応の判断などを行うだけです。

資料ダウンロード

適用パターン
専門知識不要のOSS脆弱性管理を実現
~ OSS脆弱性管理サービス 活用 ~

富士通のLinux情報に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ