UNIXサーバ SPARC M10-1

1Uサイズにシステム統合を実現するエントリーサーバ

1Uの省スペースに高い性能、信頼性、仮想化機能を備え、あらゆる用途に最適なエントリーサーバです。

カタログ・技術資料

カタログ

ホワイトペーパー

ハードウェアとソフトウェアのテクノロジーにより誕生したSPARC M12/SPARC M10は、高性能・高信頼・柔軟な拡張性を備えるビッグデータ時代に最適なIT基盤です。
本ホワイトペーパーでは、高性能なSPARC64™プロセッサ、システムアーキテクチャ、システム管理等について、詳細に説明しています。

富士通は最新鋭の自社開発SPARCプロセッサー「SPARC64 XII」を搭載したエンタープライズサーバーとして「SPARC M12」を発表しました。
本ホワイトペーパーでは、SPARC M12の処理性能やエネルギー効率、信頼性、価格、スケーラビリティなどの特長に加え、自社開発プロセッサーや独自ハードウェアアーキテクチャがもたらす将来への展望や課題をIDCが考察しています。

富士通はプロセッサー設計に共通マイクロアーキテクチャを導入し、メインフレーム、UNIXサーバー、スーパーコンピューターのそれぞれのシステム固有の計算要件を満たすプロセッサーの継続的かつ効率的な開発を容易にしています。
本ホワイトペーパーでは、富士通が世界中の多様で幅広いコンピュータ要件に対応するために、どのようにして共通マイクロアーキテクチャを作り上げたかを考察し、IDCの見解をまとめています。

SPARC M10にはSoftware on Chipを実装するSPARC64プロセッサが搭載されています。
Software on ChipによるSIMD演算処理と、Oracle Database 12cのOracle Database In-Memoryによるインメモリ・カラム処理を組み合わせることで、より高性能なデータベースを実現します。
本資料では、高速データベース処理を実現する仕組みを解説します。また、検証を通してSoftware on ChipとOracle Database In-Memoryの効果をご紹介します。

SPARC64 Xプロセッサに採用されているSoftware on Chipは、システムのレスポンス時間を大幅に短縮し、ビッグデータの高速処理を実現します。
このSoftware on Chipが実証する高性能なベンチマーク結果を踏まえ、Oracle Database 12c や Oracle TimesTen In-Memory Databaseなど、ビジネス領域へのSPARC M10の導入がもたらす効果をご紹介します。

マニュアル

注記:
  • 最新版のプロダクトノートには、ハードウェア、ソフトウェアおよびマニュアルに関する重要かつ最新の情報が記載されています。 ご使用のXCP版数に対応したマニュアルと併せてご確認ください。
  • プレインストールおよびSolarisのインストールについては、『Oracle Solarisのインストールについて』をご参照ください。

プロダクトノート

SPARC M10-1関連マニュアル

Oracle VM Server for SPARC

ソフトウェアマニュアル

周辺装置マニュアル

特集記事

【富士通フォーラム2019東京 UNIX出展レポート】
DX推進の鍵を握るデータベースの課題&解決策

ビジネスの現場におけるデータベース環境構築・運用に関する課題と、それを解決する製品・サービスについて紹介

業界キーマンが直撃!企業がこれからもSPARC/Solarisを安心して使い続けられる理由とは?
国、地域を問わず様々な企業・自治体で採用される「SPARC M12」-その理由を世界4ヵ国の担当者が語る!

SPARC Serversに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)