健康経営

CSL 健康経営宣言

富士通コミュニケーションサービス(以下、CSL)は、「企業と顧客を人とICTのチカラでつなぐ」というコーポレートメッセージを掲げ、社員一人ひとりが健康で、明るく、いきいきと、自身の能力を発揮することこそが会社の強みとなり、お客様と社会への貢献の基盤になると考えています。
この度、当社は社員の「健康」を重要な経営課題の1つとして位置づけ、「富士通グループ健康宣言」のもと「CSL 健康経営宣言」を制定いたします。

当社の社員はもちろん、社員を支えるご家族、そしてともに働かれる関係者皆さまが、心身ともに健康でいきいきと働くことができる、そんな職場づくりを通じて、一人ひとりが生きがいをもち、個人としても組織としても成長していくことのできる、笑顔あふれる企業を目指し、次の3つに取り組んでまいります。

取り組み

  1. 健康意識の向上
    全社員を対象に社員一人ひとりが健康意識を醸成・向上できるよう、会社は情報、教育機会の提供を行い、快適な就労環境を実現します。
  2. 健康行動、治療行動への支援
    健康度を高める取り組みを行う、不調を感じた際に速やかに受診するなど、社員の自主・自律的な健康行動、治療行動を奨励し、支援します。
  3. 治療・障がいと就労の両立支援
    慢性疾患や障がいを抱えながら働く社員、怪我や病気治療の過程で一定期間配慮を要する社員に対し、個別事情を加味しながら合理的配慮を行います。

重点施策の主な内容

CSLでは、法定の健康診断項目に追加し、がんを含む生活習慣病に対応した健康診断を実施しています。
加えて有所見者に対して、産業医・産業保健スタッフが健康指導や受診勧奨を行うことで、生活習慣の改善・精密検査や医療機関受診の徹底を図っています。
要治療と判定された人の受診勧奨後の治療状況は、重症化予防事業として富士通健康保険組合が健診後3カ月間のレセプトでチェックし、未受療者には改めて受診勧奨を行い、適切な治療につなげています。
また、各種健康管理研修における予防教育の実施やセミナー教育のほか、安全衛生委員会活動を通じた施策展開、社内ホームページ、SNS、デジタル表示等のさまざまなツールを活用した情報発信を行い啓発を行っています。

CSLでは、各事業所に産業保健スタッフを配置し気軽に相談できる環境を整備、健康相談のほか職場や人事部門等と連携し、メンタルヘルス不調の予防や就業支援を行うとともに、復職支援の充実化による再発防止をはかっています。
また、情報提供や各種メンタルヘルス教育を行うことで、社員および職場を支援し、メンタルヘルス向上につなげています。
特に幹部社員やリーダー層向けに健康管理研修を定期的に実施し、ストレス要因低減、職場活性化を支援しています。
また、安全衛生委員会活動によりコミュニケーション活性化の取り組みを継続的に行い、主体的に働きやすい環境づくりを行っています。さらに、ストレスチェックでは、診断による社員のセルフケアを支援するとともに、集団分析結果を経営層・幹部社員にフィードバックし、職場環境の改善につなげています。

CSLでは、長時間の座位姿勢による業務に従事する職種が多数を占めているため、肩こり、腰痛に悩む社員が多く、座りっぱなし対策が重点施策のひとつとなっています。
職場内に、座骨を立てる座り方などの姿勢の見本のポスター掲示や職場ごとにストレッチ体操を取り入れるなど、肩こり、腰痛の予防や改善のための効果的な活動を行っております。
また、各種健康管理研修では作業姿勢や座り方、ストレッチなどの体験型教育を取り入れています。
さらに、富士通健康保険組合提供による動画配信プランが活用できるよう環境を整備しています。

CSLでは、受動喫煙による健康被害から社員を守り、喫煙者の健康リスク低減を図るため、かねてより就業時間内禁煙デーをスタートし、2021年10月からは、就業時間内全面禁煙を実施しています。
また、産業保健スタッフによる喫煙の健康影響等の情報提供や個別の禁煙支援に取り組んでいます。
あわせて、禁煙希望者への禁煙サポートや、富士通健康保険組合主催の「みんなで禁煙チャレンジ」というイベントを活用し、喫煙者と非喫煙者がチームとなって禁煙に取り組むことで、禁煙への意識向上、喫煙対策への風土の醸成につなげています。

※感染症予防対策、女性の健康保持・増進支援、歯と口の健康、健康意識向上等の各施策は継続実施

体制

経営上の課題と具体的な取り組み

戦略マップ(PDFダウンロード)

健康データ数値目標および健康管理研修の取り組み

目標と取り組み(PDFダウンロード)

関連サイト

当社 RECRUITING SITE 内 「健康経営に関する取り組み」

「健康経営優良法人2022『ホワイト500』」に認定

ページの先頭へ