SAP S/4HANA コンバージョンサービス

SAP社は従来の堅牢な社内基盤であるERPシステムを、デジタルビジネス情勢の変化に柔軟に対応できるようオープン系開発やSaaSソリューションを利活用しやすいSAP S/4HANA®として大幅に刷新しました。
富士通はお客様が現在ご利用中のSAP ERPシステムをSAP S/4HANA®へコンバージョンするための検討/準備~システム移行の実行をワンストップでお任せいただける「SAP S/4HANA コンバージョンサービス」を提供いたします。

特長

お客様のシステム環境、ご要望に合わせた柔軟なコンバージョンが可能

現在どのようなOS、データベース管理システム、SAP ERPシステムを利用されていても、SAP S/4HANA®へ移行することが可能です。
また、SAP S/4HANA®を稼動させる環境は、オンプレミスだけでなく、FUJITSU Cloud Service K5やMicrosoft Azure、アマゾン ウェブサービス(AWS)、ニフクラといったマルチクラウドにも対応しています。

S/4HANA®へのコンバージョンに伴う非互換の迅速な見極めと効率的な対応

SAP S/4HANA®へのコンバージョンプロジェクトでは非互換への対応量がスケジュール/コストに大きく影響します。
非互換項目を迅速に整理し、対応スコープと対応方針を見極めることがプロジェクト成功のポイントです。
富士通は、「SAP S/4HANA 環境提供サービス」を活用したSAP S/4HANA®への移行検証から得たノウハウや、これまでのERPシステムでのコンバージョンで蓄積した豊富なノウハウを最大限に活用し、効率的かつ確実に非互換対応策をご提示いたします。

効果・メリット

1. 安心安全なシステム移行

これまでのSAP ERPシステムのコンバージョン実績に裏打ちされた経験と移行ツールの利用により、お客様のシステムを安心かつ安全にSAP S/4HANA®へ移行いたします。

2. 移行準備から移行後のテストまでを一貫してサポート

SAP S/4HANA®への移行検討をご支援する「SAP S/4HANA コンサルティングサービス」や「SAP S/4HANA PoCサービス」、移行後の「LCMサービス」など、富士通の各種SAPサービスを合わせてご利用いただくことが可能です。これにより、移行の準備段階から移行後のシステム運用までを当社へ全てお任せいただけ、お客様のご負担を最小限にすることが可能です。

概要

「SAP S/4HANA コンバージョンサービス」は、お客様が現在ご使用中のSAP ERPシステムの業務データやシステムのパラメータ設定、アドオン開発機能を引き続きご利用出来る様、非互換を抽出した上で、最適な対応方法をご提案しお客様の意思決定を支援いたします。また、お客様と合意した対応方法に基づき、SAP S/4HANA®へ移行いたします。(注1)

<S/4HANAコンバージョンイメージ> 例:Windowsサーバ/MS SQL → Linux(Red Hat)
注2

<スケジュール例とサービス範囲>

(注1) SAP S/4HANA®へのシステムコンバージョンの実作業は、お客様がお使いのSAP ERPシステムのバージョンや使用機能、アドオンPG本数などの状況によって異なります。

(注2)中間機を使用しないケースにも対応可能です。

  • SAP、記載されているすべてのSAP商品名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標
    または商標です。記載されている商品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 本資料に記載されているシステム名、商品名等には、必ずしも商標表示((R)、TM)を付記していません。

ページの先頭へ