自社にとって理想のDXを実現するためのインフラ選択の最善の手法とは?

デジタル変革(DX)を着実に推進するためには、業務特性に応じたインフラの選択が第一歩となる。また、インフラの選択に際しては、現状の自社システムの状況や課題を踏まえながら適切なサービスを選ぶことが重要だ。本稿では、事例を交えながら、富士通が考える最適なインフラ選びのためのメソッドについて解説する。

3つの軸に基づいて業務を仕分けし最適なインフラを選択する

業種業界を問わず、すべての企業において喫緊の課題となっているデジタル変革(DX)。DX推進のための重要なインフラの1つとなるのがクラウドであり、多くの企業では既存IT基盤のクラウド移行をはじめとして、クラウドネイティブなテクノロジーを活用したアプリケーションのモダナイズに取り組んでいる。一方、いざ、これらのクラウド化に向けた取り組みを実施していこうとしても「何から手を付ければ良いのか」「どのような業務を優先的にクラウド化していければよいのか」といった課題に直面し、思うようにDXを進められていないという企業が多いのではないだろうか。

そこで本稿では、これまで富士通が培ってきたシステム構築の経験やノウハウに基づき、最適なインフラ環境を選択、実現していくためのメソッドについて解説していく。

あるべき姿として描いたDX実現の第一歩は、既存業務をその特性に基づき分類・仕分けを行い、それぞれの業務が求めるシステム要件に応じて、どのようなインフラが最適であるのか、選択していくことである。

続きは、以下の資料よりご覧いただけます

ホワイトペーパー「自社にとって理想のDXを実現するためのインフラ選択の最善の手法とは?」をダウンロード

収録内容

  • 3つの軸に基づいて業務を仕分けし最適なインフラを選択する
  • 最適なクラウド活用を支援するデジタルインフラアセスメントサービス
  • 富士通の支援のもと、ハイブリッド環境を構築し将来的なDX推進も見据えた基幹システムのBCP環境を実現

(注)資料のダウンロードにあたり、簡単な登録が必要です。

FUJITSU Hybrid IT Service に関するお問い合わせ・ご相談

ページの先頭へ