Zero Trust Network

未来を見据えた社会を実現する
ゼロトラスト

近年、世の中は急激に揺れ動いており、企業は事業変革のスピードを上げていくことが求められています。そうした中、積極的なDXや事業変革に取り組むためには、セキュアかつ利便性の向上の両立は重要な要素とっており、「ゼロトラスト」という概念による打開に期待が寄せられています。
しかしながら、従来型のセキュリティが迅速な業務変革実現の妨げとなっている中においては、ゼロトラストをどのように実現していくべきか悩まれている企業が多いことが現状です。
富士通は豊富な経験値を生かし、お客様の状況に合わせたゼロトラストを実現いたします。

ゼロトラストの全体像 概要図 デバイス管理 マルウェアふるまい検知 多要素認証 多要素認証 多要素認証 認証・認可 SASE インターネットブレイクアウト アクセス制御 インターネットブレイクアウト クラウド利用 リスク検知 クラウド利用 リスク検知 脆弱性診断 マルウェアふるまい検知 Web分離 脆弱性診断 内部リスク可視化 可視化・分析 自動化 インテリジェンス 要件整理・ロードマップ策定

お客様の状況に合わせて利便性/セキュリティを向上
ゼロトラストを実現する3つの提案

ユースケース1

どこでも変わりなく働ける環境を実現したい

  • IaaS、SaaSは本社DCを介さずに直接利用
  • 従来のVPN装置を必要としない社内システム利用
  • 利用ユーザー数の増加によるボトルネックの解消
ユースケース1 概要図

ユースケース2

様々なデータを連動させたビジネス変革を実現したい

  • 厳格なアクセス管理で情報連携を強化、ビジネス機会を拡大
  • 安全性を確保したユーザーエクスペリエンスの向上
ユースケース2 概要図

ユースケース3

帯域ひっ迫を改善したい

  • アクセスを分離することで帯域のひっ迫による通信遅延を回避
  • 現状活用しているVPNを有効活用
ユースケース3 概要図

セキュリティ イベント・セミナーのご案内

ビジネスのあり方の変化が加速する中で、企業のIT戦略はその変化に合わせて対応できることが求められています。インフラ整備をどのように進めればよいか、多様な働き方を実現するハイブリッドワークを推進する際のゼロトラスト構築のヒントをお伝えいたします。

Zero Trust Networkに関するお問い合わせ

ページの先頭へ