Zero Trust Network

富士通の考えるゼロトラスト

近年、ゼロトラストが注目されるようになってきました。
ゼロトラストとは、基本的には信用しないことから対策を講じることであり、このゼロトラストを目指してセキュリティ実装を進めていくことが必要であると考えています。
富士通は、お客様が目指すゼロトラストの実現に向けたソリューションを提供していきます。

富士通の知見を用いたゼロトラストを実現するアーキテクチャ

富士通では、社内実践で培った知見から様々なリスクを分析することで、ゼロトラストを実現するアーキテクチャを ユーザー側・パブリックサービス・プライベートサービス・マネジメントプラットフォームの4領域に分類することが有効であると考えました。
それぞれの領域にて必要なセキュリティ対策を考慮し、対策を進める必要があると考えます。

基本的には信用しない前提でセキュアな環境を実現するためには

ニューノーマルへの環境の変化に対応していくために、何も信用しない前提でセキュアな環境を実現することが必要となってきました。
そのために必要な対策を抽出し、解決策を導き出すことがポイントです。

ゼロトラストソリューション

ゼロトラストの実現に向け進めていくための各種ソリューションを、富士通はご提供しています。 お気軽にお問合せください。

端末

端末では社外での作業が多くたるため、本人が使っていることを確実にし、また、サイバー攻撃対策が端末側で可能となるサービスを提供します。

ネットワーク

ネットワークでは、増加した社外からのアクセスや様々な場所で利用される端末を適切なアクセス経路で遅延なく通信できる環境を提供します。

アプリ・ワークロード

アプリ・ワークロードでは、ポリシーや脆弱性を管理し、アプリケーションに必要なセキュリティを提供します。

マネジメント

マネジメントは全体を支え、様々な場所と形態が存在する環境の運用と統制を実現します。

Zero Trust Networkに関するお問い合わせ

ページの先頭へ