企業内のあらゆる定型業務の効率化・省力化を実現し、
組織全体の生産性向上に寄与します。

ServiceNow

ニュース&トピックス

業務の標準化・可視化・自動化をコンセプトに、
ヒト、モノ、カネ、情報を単一データベース上で統合管理するクラウドサービス

本サービスのメリット

  • 業務プロセスの標準化・自動化

    ITIL®ベースのプラットフォームで、多岐に渡る作業の運用プロセスを標準化します。ワークフローやルールの定義で自動化も可能となり、手作業や人為的なミスを削減できます。

  • 乱立するシステムを統合管理

    ServiceNowの様々なサービスを活用することで、業務システムを統合管理できます。コストの全体最適化や管理の一元化・効率化が図れます。

  • ポータルで窓口を一元化

    ポータルやサービスカタログを活用すれば、メール、電話など複数のインシデント発行先や問い合わせ窓口を一元化できます。ユーザの負荷を軽減し、対応者も情報を体系的・網羅的に把握できます。

  • 状況の「見える化」と迅速なビジネス判断

    充実したレポートやダッシュボード機能で、システム管理者・経営者ともに全体状況をタイムリーに把握できます。サービス利用の改善に加え、迅速なビジネス判断をサポートします。

ServiceNowが求められる理由

企業のグローバル化、事業拡大にともなってシステムが乱立。データが散在し、業務の属人化も進んでいます。
また部分最適なクラウド利用の進展も影響し、システム運用もますます複雑化しています。
情報システム部門では膨張した運用業務への対応に工数・コストが割かれ、安定したサービス提供や、 ビジネス拡大に向けた戦略企画業務への注力が困難になってきています。
組織横断の効率化を実現し、業務の生産性を高め、企業をさらなる成長に導く解決策。それが「ServiceNow」です。

富士通の強み

豊富な実績と強固なアライアンス

グローバルで『ServiceNow Elite Partner※1』に認定されるとともに、『Partner Award』を3リージョン※ 2で受賞。トップマネジメントによる定期的なビジネスレビューを重ね、常に最新かつ最適なServiceNowソリューションをご提案します。
※1:体制・導入実績・顧客満足度が指標
※2:Global, EMEIA, Asia Pacific and Japan 2019年

Global Capability

世界中でServiceNowをご利用いただくため、多言語対応可能な当社グローバルデリバリーセンターが24時間365日の運用支援を実施。また、約400名のServiceNow技術者による万全なバックアップ体制を確立しています。

高い技術力・遂行力

ServiceNowの大規模案件で培った技術・ノウハウを背景に、上流から導入・運用までEnd To Endで対応。バージョンアップに伴う教育支援や、将来にわたる機能拡張もお任せください。

導入事例

リコー 様

グローバルでのソフトウェアサポート業務の一元管理、可視化を実現

自社事例

サービスデスクと開発チーム、部門間の情報管理ツールをServiceNowに統合し
お客様満足度を高める情報活用の基盤を構築

カタログ

業務の生産性を飛躍的に高めるクラウドサービス「ServiceNow」
デジタルワークフローにより部門を越えた業務の効率化・自動化を実現します。

・ServiceNowは、米国ServiceNow, Inc.の米国における登録商標または商標です。
・ITIL®は、AXELOS Limitedの登録商標です。

イベント・セミナー

  • ニューノーマル時代のDX戦略 ーアフターコロナがもたらすIT新時代の価値創造ー
    「国と企業が一体となってDXを進めていくために」
    諸外国よりも遅れていると言われているデジタルトランスフォーメーション(DX)を日本企業はいかに進めるべきか。経済産業省の能村幸輝室長と富士通のDXをリードする福田譲執行役員常務に、ServiceNow Japanの村瀬将思執行役員社長が聞いた。
  • 世界で戦える強い日本企業を未来のために創る 富士通とServiceNowが「変われない」企業を「変えていく」
    「失われた30年」と呼ばれる時の経過により、アメリカはおろか中国やシンガポールといったアジア勢にも国際競争力で後れを取っている日本。かつて世界が称賛した「強い日本」を取り戻すため、日本企業はいかにして国際競争力を高めるべきか?
    2020年4月に富士通の執行役員常務CIO兼CDXO(最高デジタル変革責任者)補佐に新たに就任した福田譲氏と、ServiceNow Japanの村瀬将思執行役員社長がその答えを探る。
  • Now at Work 2021 10月12ー13日
    ServiceNow社主催イベント
    基調講演を始め、新機能紹介や事例講演が多数公開されます。
    富士通では2つのセッションがあり、ServiceNowを活用した富士通社内のDXを推進/実践の事例とServiceNowで実現する基幹システムとの連携を紹介します。
    ぜひ、ご登録、ご視聴ください!
    イベント  受付中
  • 富士通主催イベント
    ニューノーマルにおける社会や企業での新たなニーズと、期待にお応えする講演やコンテンツを多数ご用意。
    ServiceNow活用による自社実践事例・顧客事例・基幹システム連携によるDX実践事例をご紹介します。
    開催終了

動作環境

インターネットアクセス環境とインターネットブラウザが利用可能な端末が必要です。
詳細はServiceNow社の「Product Documentation」ページをご覧頂き、「Release Notes and Upgrade(リリースノートとアップグレード)」からバージョンを選択して表示されたページにあるリンク「Browser Support」をご覧ください。

価格

価格の詳細については「ServiceNowに関するお問い合わせ」または当社担当営業までお問い合わせください。

ServiceNowに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
ページの先頭へ