重点的な取り組み・特集 - データベース

「Database」資格取得と同時に「OSS-DB」資格を取得

富士通ソフトウェアマスターの「Professional Database」または「Senior Professional Database」資格を取得すると、LPI-Japanの「OSS-DB Silver」 または「OSS-DB Gold」資格を同時に取得することができます。

既に、LPI-Japanの「OSS-DB Silver」 または「OSS-DB Gold」資格を取得されている方は、「認定申請」の手続きをしていただくことで、富士通ソフトウェアマスターの「Professional Database 」または「Senior Professional Database 」資格を取得できます。

富士通ソフトウェアマスターのDatabase資格とOSS-DB資格の連携については、「Database資格取得について」のページでご確認ください。

PostgreSQL技術者の育成

PostgreSQL技術者育成の取り組みについては、「PostgreSQL技術者育成の取り組み」のページでご確認ください。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ