よくあるご質問(FAQ)

富士通ソフトウェアマスターに関するよくあるご質問と回答をご紹介します。

全般

「富士通ソフトウェアマスター」の認定資格を取得するメリットは何ですか?
「富士通ソフトウェアマスター」の認定資格を取得するメリットは以下のとおりです。
  • 認定資格を取得することで、富士通ソフトウェア製品の技術者として高い信頼とステータスを得ることができる
  • 資格取得者が業務に従事することで、お客様に安心感を与え、満足度を向上させることができる
  • 資格取得後に発行されるオープンバッジにより、高度で専門的なスキルを保持していることを社内外にアピールでき、個人のスキルを客観的に証明することができる
  • 技術力を体系的に身に付けていくことで、個人の成長とキャリアアップにつながる
富士通ソフトウェアマスターの資格には有効期限はありますか?
富士通ソフトウェアマスターでは、各資格に「有意性の期限」を設けております。 この有意性の期限は、資格取得者の方々が最新の技術力を有していることを証明するものです。

資格関連

富士通ソフトウェアマスターとLPI-Japanから提供されている「CKA」/「CKAD」が連携したとのことですが、どのような連携でしょうか?
以下の「Kubenetes技術者認定試験」に合格し、富士通ソフトウェアマスター事務局に認定申請することで、「Fujitsu Certified Professional Cloud (Containers Management) for Administrator」または「Fujitsu Certified Professional Cloud (Containers Management) for Developer」のどちらか対応した資格に認定されます。

  • 認定Kubernetes 管理者(CKA-JP)またはCertified Kubernetes Administrator (CKA)
  • 認定Kubernetesアプリケーション開発者(CKAD-JP)またはCertified Kubernetes Application Developer (CKAD)

資格を取得するための認定申請の手続きについては、各資格の詳細ページの「認定申請」をご確認ください。
「Kubernetes技術者認定試験」の受験については、「Kubernetes技術者認定」ページ(LPI-Japanのページへリンクします)をご確認ください。
富士通ソフトウェアマスターのDatabase資格と「OSS-DB」が連携したとのことですが、どのような連携でしょうか?
富士通ソフトウェアマスターでは、「Senior Professional Database」/「Professional Database」の資格試験に、それぞれ、LPI-Japanの「OSS-DB Exam Gold」/「OSS-DB Exam Silver」を採用しています。
「OSS-DB Exam Gold」/「OSS-DB Exam Silver」に合格し、富士通ソフトウェアマスター事務局に認定申請することで、「Fujitsu Certified Senior Professional Database」「Fujitsu Certified Professional Database」資格に認定されます。
すでに、OSS-DB資格を取得されている方も、富士通ソフトウェアマスター事務局に認定申請いただくと、該当する資格を取得できます。

資格を取得するための認定申請の手続きについては、各資格の詳細ページの「認定申請」をご確認ください。

受験関連

それぞれの資格試験の認定条件を教えてください。
富士通ソフトウェアマスターの各資格の認定条件は、「資格一覧」のページから該当する「資格名」をクリックし、表示されたページの「認定条件」をご確認ください。
試験対策用の教材はありますか?
「トレーニングを探す」のページでトレーニング教材をご用意しています。
検索する際、「試験に備える」の「認定試験対策」をチェックすると、認定試験対策教材で絞り込むことができます。

詳細は、「トレーニングを探す」のページをご覧ください。
同じ試験科目を受験する場合に、再受験のルールはありますか?
再受験の場合のルールは特にありません。

認定申請関連

富士通ソフトウェアマスターが採用している外部資格を取得しました。どこのページから認定申請すればよいかわかりません。
現在、富士通ソフトウェアマスター資格の認定申請を停止しています。
資格取得の条件を満たした方で、認定申請手続きを希望される方は、下記までご連絡をお願いします。
富士通ソフトウェアマスター事務局:contact-sw-master@cs.jp.fujitsu.com

デジタル認定証(オープンバッジ)

デジタル認定証(オープンバッジ)の受領方法を知りたいです。
「オープンバッジ発行から受領完了までの流れ」については、「デジタル認定証(オープンバッジ)」をご覧ください。
または、Lecos社のサイトをご確認ください。
オープンバッジのウォレット画面での操作手順を知りたいです。
以下のサイトをご確認ください。
画像ダウンロード編(YouTube)
PDFダウンロード編(YouTube)
認定申請してからオープンバッジが発行されるまでどのぐらいの日数がかかりますか?
認定申請してからオープンバッジが発行されるまで2~3週間程度かかります。
オープンバッジのお知らせメールはどこから発信されますか?
以下のメールアドレス、メールタイトルでメールが発信されます。受信拒否設定などをしないようお願いいたします。迷惑メールフォルダに入ってしまうこともありますので、ご注意ください。
アドレス: OpenBadge <noreply_openbadge@netlearning.co.jp>
メールタイトル: 「富士通株式会社からオープンバッジ授与のお知らせ」
2023年度以前に取得した資格のデジタル認定証(オープンバッジ)は発行されないのですか?
2023年度以前に取得した資格については、認定証(PDF)および認定ロゴを発行しているため、デジタル認定証(オープンバッジ)は発行いたしません。

本コンテンツに関するお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)

0120-933-200

受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

Webでのお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ページの先頭へ