GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. ソフトウェア >
  4. Operating systems >
  5. 富士通のLinux情報 >
  6. Red Hat OpenShift Container Platform

Red Hat OpenShift Container Platform

Red Hat OpenShift Container Platform とは

Red Hat OpenShift Container Platformは、Red Hat Enterprise Linux、Docker、Kubernetesをベースに、エンタープライズ用途で必要となる認証、ビルド、アクセス制御等を強化したコンテナプラットフォームです。
アプリケーション開発環境の構築やシステム管理の多くが自動化され、ビジネスが求めているアプリケーション・サービスの提供が、迅速かつ安全に行えるようになります。

Red Hat OpenShift Container Platform の主な機能

  • コンテナオーケストレーション機能
    ユーザ管理、認証、SDN、コマンドラインツール、Webコンソール等の機能を利用してコンテナの運用管理が可能
  • アプリケーション提供までのフローを自動化
    アプリケーション提供までのビルド、配備等を自動化し、開発ライフサイクルの短縮が可能
  • マルチテナント対応
    テナント毎のリソース分離とアクセス制御が可能
  • 自動スケーリング対応
    アプリケーションへの負荷の増大に対して自動でスケーリング可能

サポートに対価を支払うサブスクリプションモデル

Red Hat OpenShift Container Platformは、Red Hat Enterprise Linuxと同様、サブスクリプションモデルが採用されています。利用者は毎年対価を支払うことで、最新のソフトウェア入手とそれに対するサポートを受ける権利(サブスクリプション)を得ることができます。

富士通のサポート・サービス(SupportDesk Standard)は、レッドハット社のサブスクリプションを富士通のサポートとセットにしてご提供します。万一のトラブル発生時には問題箇所の特定や復旧支援をOSC(One-stop Solution Center)が窓口となって一括対応しますので、安心してご利用いただけます。

FUJITSU Cloud Service コンテナアプリ開発・保守基盤利用サービス

Red Hat OpenShift Container Platform上でコンテナアプリケーションの開発、保守を行うための基盤サービスとして、「FUJITSU Cloud Service コンテナアプリ開発・保守基盤利用サービス」を新たに提供開始します。

本サービスの概要は、 以下のとおりです。

  • コンテナ型アプリケーションの開発・保守に適したプラットフォームを即座に利用することができます。
  • アプリケーション開発環境の構築やシステム管理の多くが自動化され、ビジネスが求めているアプリケーション・サービスの提供が、迅速かつ安全に行えるようになります。
お客様のデジタル革新を加速するプラットフォーム「FUJITSU Cloud Service コンテナアプリ開発・保守基盤利用サービス」