COBOL開発環境 FUJITSU Software NetCOBOL
機能

プラットフォーム別 機能一覧

開発・運用環境製品は、コンポーネントで分類されており、インストール時は、コンポーネント単位でインストールすることができます。各プラットフォームに対するコンポーネントおよび機能は以下のとおりです。

OS種別資料
Windows64bit機能一覧
32bit機能一覧
.NET機能一覧
Solaris64bit機能一覧
32bit機能一覧
Linux64bit機能一覧
32bit機能一覧

64ビット版と32ビット版の製品の機能比較

64bit製品と32bit製品の選択については、以下の機能比較を参照してください。

旧製品との互換性

.NET環境との仕様比較

機能概要

コンパイラ

国際規格(JIS-1992 ANSI'85 およびX-OPEN XPG4仕様)に準拠し、国際規格COBOL2002で導入されたオブジェクト指向機能、主要な業界標準仕様、グローバルサーバ(GS)、PRIMERGY6000(K)と共通の富士通標準仕様を実現しています。

コード系は、EBCDIC-JEF、Unicodeにも対応しており、他製品との連携を含めた広範囲で統一された文字コードの利用が可能となり、ビジネスソリューションを大きく拡大できます。

なお、Windows (.NET)はWindows (64bit/32bit)と比べて仕様が異なる部分があります。詳細は、「.NET環境との仕様比較」を参照してください。

デバッガ(WINSVD)

従来から提供しているCOBOLデバッガです。Windows(32bit)上で動作するCOBOLアプリケーションをデバッグできます。

  • 注)
    デバッガ(WINSVD)は、将来のNetCOBOLリリースで提供を停止する予定です。NetCOBOL Studioによる開発への移行をご検討ください。

対話型デバッガによる豊富なデバッグ支援

以下のデバッグ機能により、テスト作業を強力に支援します。

  • 自由度の高い中断点設定
  • データ内容監視
  • データ変更中断
  • 副プログラム単独でのテスト

トラブルの早期解決

アプリケーション実行時にエラーが発生した場合、デバッガが起動され、即座にデバッグできます(ジャストインタイムデバッグ)。また、本機能を利用することで、アプリケーション起動と同時にデバッガを起動させることができるため、サーバアプリケーションのように、デバッガから起動できないアプリケーションもデバッグすることが可能となります。

COBOL開発環境

NetCOBOLでは、用途に合わせて以下の開発環境をご用意しています。
Windows (32bit)からWindows、Solaris、Linuxサーバ向けリモート開発では、プロジェクトマネージャとNetCOBOL Studioを用意していますが、新規に開発する場合は、Eclipseをベースとした開発環境「NetCOBOL Studio」をご利用ください。プロジェクトマネージャは将来のNetCOBOLリリースで提供を終了する予定です。
なお、Windows (64bit)では、NetCOBOL Studioのみを提供しています。
プロジェクトマネージャからNetCOBOL Studioへの移行支援ツールとして、プロジェクト構成支援コマンドをご用意しています。

なお、Windows (32bit) 開発環境「NetCOBOL Studio」と「プロジェクトマネージャ」の違いについては、 「プロジェクトマネージャからNetCOBOL Studioへ移行した場合に使用できない機能はありますか?」を参照してください。

分散開発(リモート開発)

リモート開発(リモートビルド、リモートデバッグ)機能により、Windowsを中心とした分散開発が可能となります。

リモートビルド、リモートデバッグ

Windows 32bit/64bit開発環境からターゲットシステムとなるWindows (64bit) 、Solaris (32bit、64bit)、Linux (64bit) のアプリケーションをリモート開発する機能を提供しています。これにより、Windowsを中心とした分散開発が可能になり、開発の効率化が図れます。

Windows専用GUIビルダ(PowerCOBOL)

  • 注)
    本機能は、Windows (32bit)でのみ、ご利用になれます。

COBOL開発者のためのGUIビルダ

フォーム(画面)にコントロール(部品)を貼り付ける操作で画面を作成します。画面体裁も簡単な操作で整えられます。イベントごとの手続きはCOBOLで記述するので、COBOL開発者のノウハウを充分に活かせます。

生産性、信頼性の高いGUIアプリケーション開発

マウスやキーボードで発生するイベントに対してプログラムを記述します。面倒なイベント処理はビルダが行うため、通常のCOBOLプログラミングに比べ、生産性が向上します。

また、業界標準仕様の部品や独自部品を貼り付ければ、信頼性が高く、効率のよいコンポーネント指向の開発が行えます。

デバッグ、保守の効率化

GUIアプリケーションの難題であった開発時/運用時のデバッグ機能、トラブルシュート機能を強化しました。

診断機能

  • 注)
    本機能は、Windows版でのみ、ご利用になれます。

豊富なデバッグ情報であらゆる角度から分析

エラー箇所、エラー種別、システム情報、呼び出し経路などの詳細なデバッグ情報を出力する診断レポートを装備しており、運用時のトラブルシューティングに費やす調査時間を大幅に短縮できます。また、アプリケーションからイベントログが出力でき、容易に異常状態の監視、調査が行えます。

Jアダプタークラスジェネレータ

Javaクラスを呼び出すCOBOLクラス(アダプタークラス)を生成するツールです。アダプタークラスを使用することで、COBOLアプリケーションからJavaクラスライブラリを利用できるようになります。

  • 豊富なJavaクラスを利用
  • 各種JavaAPIを利用

画面/帳票設計運用

画面/帳票設計支援ツールを利用して画面、帳票を作成します。作成した画面、帳票を運用環境で利用します(Windows (.NET)では帳票のみ利用が可能です。)。また、MeFt/Web(Webアプリケーション構築支援ツール)によりWeb配下で動作させることも可能です。

帳票の電子化

電子帳票の作成

Interstage List Worksと連携することで、帳票の電子化を実現。必要になった時点で再印刷、電子媒体による納入・他アプリとのデータ連携等のサービスが受けられます。

帳票のPDF化

Interstage List Creatorと連携することで、帳票のPDF化を実現。出先から(モバイル)からでも帳票の取り出しができ、簡単に手元のプリンタへ印刷、ページ指定再印刷等が実現できます。

Interstage Business Application Server連携
Interstage Job Workload Server連携

従来、オープンシステムで基幹システムを構築する場合、業務ロジック開発だけでなく、「オンライン処理」、「バッチ処理」の制御ロジックを開発する必要がありました。「NetCOBOL Enterprise Edition」とオンライン処理基盤「Interstage Business Application Server」、バッチ処理基盤「Interstage Job Workload Server」を組み合わせることで、制御ロジック部分の作り込みが不要となります。また、業務ロジックの開発では、既存IT資産、ノウハウ、スキルが有効に活用でき、安定した 品質の確保が可能となりました。

Interstage Business Application Server」または「Interstage Job Workload Server」で動作するCOBOLアプリケーションは、NetCOBOL Enterprise Editionの開発環境製品で作成し、NetCOBOL Enterprise Editionの運用環境製品で運用する必要があります。また、Interstage Business Application Server開発環境パッケージまたはInterstage Job Workload Server開発環境パッケージを利用する場合も、NetCOBOL Enterprise Editionの開発環境製品と組み合わせて利用する必要があります。

カタログ・ご紹介資料で詳しく知る

NetCOBOL に関するお問い合わせ

ご検討中のお客様

お電話で
富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200
受付時間:9時~12時および13時~17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通コンタクトラインでは、お問い合わせ内容の正確な把握、およびお客様サービス向上のため、お客様との会話を記録・録音させていただいておりますので、予めご了承ください。
Webで
当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

ご使用中のお客様

サポート情報
各種サポート情報を公開しております。ご質問・お問い合わせに先だち、ぜひご参照ください。
使用方法、技術的なお問合せ
「SupportDesk受付窓口」または製品を購入された際の販売会社もしくは当社担当営業・SEまでご連絡ください。
ページの先頭へ